「未分類」カテゴリーの記事一覧


会報第102号の一部内容を掲載しました

・北條祥子さんら早大グループ 電磁波過敏症の診療と研究に役立つ問診票を作成 海外論文誌に掲載 ・脅迫でスマートメーター強要の関西電力 患者団体が公開質問状 アナログメーターに交換させた事例も ・リニア中央新幹線 南アルプストンネルでゆれる大鹿村を訪ねる ・フランス政府機関、子どもへの影響で報告書「電磁波曝露基準の再考を」 ・各地の取り組み


訪問者数上位記事

訪問者数が多い記事のランキングです。


気仙沼・大島の牡蠣パーティー

旧友との再会 5月3~5日の連休、宮城県気仙沼市大島で開かれた「牡蠣パーティー」に誘われて行ってきました。30年以上続いた市民団体「コンピュータ合理化研究会」の仲間たちとの再会です。気仙沼からフェリーで20分の距離に大島はあります。ここに住む昔の仲間が3・11東北大震災で津波に遭いました。そこで当時百万円以上の救援カンパをしたのですが、そのお礼を兼ねてパーティーは企画されました。 カンパは有効に使 […]


当会・大久保事務局長 早稲田大で電磁波問題を講義

  11月21日、早稲田大学文学部の戸塚キャンパスで、「今日の電磁波問題について」と題して大久保事務局長が授業を行いました。授業には同大文学部生300人以上が出席しました。早大文学部の藤本一勇教授が彼の受け持つ授業の1コマ(90分)を大久保に与えてくれたために、この授業は実現しました。藤本教授とは、彼の住む地域(都内)で基地局問題が発生し、私がその地域の学習会に招かれたことで知己になりました。 教 […]


電磁波問題市民研究会(略称・電磁波研)

設立1996年10月  環境中の電磁波による健康影響で悩む方々が支援される社会、電磁波による健康影響が予防される社会の実現を目指すNGOです。   全国の住民や団体等と協力しながら、この目的のための活動に取り組んでいます。


閑話休題 被災地ボランティアに参加して ~釜石・陸前高田~

 2月中旬、岩手県の被災地ボランティアに行って来ました。今回で3回目になります。今回行ってきたのは釜石市と陸前高田市です。前2回と同様、岩手県遠野市に拠点をもつ「遠野まごころネット」のボランティアとして参加しました。 釜石では仮設住宅の雪かき作業 一つ目の活動地は釜石市。あの新日鉄釜石製鉄所のある市です。現在は新日鉄と住金が合併し「新日鉄住金釜石製鉄所」という長たらしい名称になっていました。釜石市 […]


閑話休題 別子銅山を訪ねて

 今年の秋、3泊4日かけて愛媛県新居浜市(にいはまし)にある別子銅山を見学した。別子銅山は、日本三大銅山(別子、足尾、日立)の一つで、住友財閥ゆかりの銅山である。操業開始は元禄4年(1691年)で、閉山は昭和48年(1973年)、つまり約280年操業が続いた世界でも屈指の銅山だ。愛媛県の山麓にあり、すぐ裏は高知県である。案内人が一流だったため中身の濃い見学だった。 住友財閥をつくった山 東京の皇居 […]


定例会だより 佐々木信也さんのお話を聞く

 1月17日の定例会(毎月第3火曜日夜6時半)はスポーツキャスターの佐々木信也さんのお話を30分聞きました。オールドファンにはなつかしい人ですが、佐々木信也さんは、フジテレビ『プロ野球ニュース』の草分けキャスターで、同番組キャスターを12年間務め、スポーツキャスターの分野を切り開いた人です。現在もBSでキャスターを務めている現役です。 佐々木信也さんは、古くからの当研究会会員で、最近は定例会の常連 […]


編集後記

 本号から『電磁波研会報』の編集を担当させていただくことになりました。誌面の改善のため、会報の感想、ご意見、ご要望など、お寄せいただければ幸いです。メール、お手紙、ファクスでどうぞ。【網代太郎】


2 / 212
Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.