「携帯電話」カテゴリーの記事一覧


歩きながらの携帯電話操作はやめてほしい!

 この会報は電磁波に関連することを中心に紹介していますが今回は携帯電話の電磁波ではない問題を考えてみたいと思い […]


新たな論文 EMFが マウスの脳プロテオームに影響を及ぼす

 この記事は、化学物質問題市民研究会の許可をいただき、同会のウェブサイトから転載させていただきました。【会報編 […]


用語解説(2) WiMAX(ワイマックス)、LTE

 外出先などでスマートフォンやノートPCなどから無線でインターネットにつなぐ方法の一つが、前号で見た公衆無線L […]


携帯電話:低減することができる新たな環境的ハザード

 本稿は化学物質問題市民研究会のウェブサイトから同会の許可をいただき転載しました。【会報編集担当】


(ミニニュース)カナダ保健省の勧告は「不十分」

 カナダ保健省が10月に出した勧告は「18才以下が携帯電話の使用を制限することを奨励」したものの、一方では「携 […]


携帯電話の被曝リスクを専門家はなぜ受け入れないのか

 携帯電話などのデジタル機器は、今や近代生活の大きな部分を占めているが、危険ではないのだろうか? 2010年代 […]


カナダ保健省は携帯電話の安全な使い方の実践的な提案をする

問題 カナダにおける携帯電話は、1987年は10万台であったが、2010年の終わりには2400万台に増加した。 […]


国際がん研究機関(IARC)報告概要 無線周波数電磁場の発がん性

 2011年5月に、国際がん研究機関(IARC)は、フランス・リヨンで14ヶ国30名の科学者を集め、無線周波数 […]


総務省「第6回生体電磁環境検討会」 電波発がん性2B評価などの安全強調に躍起

 総務省の「第6回生体電磁環境に関する検討会」が7月22日に開催されました。同検討会は、委員20名中10名が過 […]


Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.