「報道」カテゴリーの記事一覧


送電線で小児白血病・成人脳がん・ルーゲーリック病・流産のリスク増加

ニュージーランドの送電線反対運動 ニュージーランドのワイカト大学で開かれた送電線反対派住民が開いた健康問題フォーラムで、アメリカの研究結果がビデオを使って報告された。その内容は電磁波曝露で流産リスクが80%増大するというものだ。 米国の研究とは、米国オークランドにあるカイザー財団調査研究所のディ・クン・リ博士らが、3年前にサンフランシスコ市に住む969人の妊娠女性を対象に研究して行なったものだ。  […]


三重 幼児園の給食室でIH調理器の使用を一部制限

 施設内を完全電化していた三重県松阪市の三雲北幼児園と三雲南幼児園の給食室で、電気調理器の使用に一部制限を加え、ガスコンロの導入を考えていることが明らかになった。 両園は、旧三雲町立の4幼稚園と2保育園をまとめて昨年度に新設。「ガスを使うより電気の方が環境にも良い」と完全電化で整え、両園に5台ずつ電気調理器を導入した。 ところが、開園直後に調理員が電磁波を理由に頭痛を訴えたという。これを受け、町が […]


電磁波過敏症の英国会社社長

 ブライアン・スタイン(Brian Stein)は英国レスターシャー州で5千人の従業員を雇う冷凍食品の社長だ。会社の売り上げは5億ポンド(900億円)である。彼は電話を2~3分しか使えない。年令は55歳。4年前に、突然、携帯電話を使うと耳が痛くなり、その後、コンピュータや車の電磁波でも頭痛や痛みを感じるようになった。しかし、医者はどこも悪くないと言う。子供は3人いるが、家庭では寝るために電気は切る […]


4 / 41234
Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.