「携帯基地局」カテゴリーの記事一覧


福岡県篠栗町 携帯基地局条例が廃止 議員提案で抜き打ち的に

 携帯電話基地局の設置などに際して、近隣住民への事前の説明会開催などを全国で初めて義務づけた、福岡県篠栗町の「篠栗町携帯電話中継基地局の設置に関する条例」(基地局条例)が廃止されることになりました。12月17日の同町議会本会議で、基地局条例を廃止する条例が賛成9名、反対2名の賛成多数で可決。多くの町民にとって、廃止は寝耳に水でした。基地局条例の制定に中心になって尽力した元町議の村嶋秀樹さんは「(可 […]


各地の取り組み

柏市のドコモ基地局で学習会  千葉県柏市のマンションで、ドコモ基地局設置計画が出て、一度管理組合理事会で了承されました。しかし居住者から疑問の声が上がり、11月11日に臨時総会を開き、ドコモと電磁波研から講師を招き、別々に「賛成」「反対」の話を聞きました。その結果、一度OKした基地局設置計画は「保留」にし、みんなで一から考えていくことに決まりました。はじめはドコモと電磁波研講師を同時に招き学習会を […]


延岡携帯電話基地局撤去裁判の控訴に当たって

平成24年10月29日 延岡携帯基地局撤去訴訟弁護団  平成24年10月17日、宮崎地方裁判所延岡支部において、被告KDDIを相手にした携帯電話基地局撤去を求める裁判について、原告らの請求を棄却する判決が出された。 この地裁判決は不当であるので、本日、控訴した。 我々は、平成21年12月16日に提訴してから、原告及びその周辺住民の電磁波による健康被害を中心に被害立証を行ってきた。原告意見陳述、連日 […]


控訴 原告団長声明

 平成24年10月29日 原告団長 岡田澄太  大貫町の住民は、この6年間、KDDI携帯基地局からの電磁波によって耳鳴り、肩こりや鼻血等の健康被害に苦しんできました。この間、住民一丸となって、あらゆる方策を講じて基地局の撤去を求めてきましたが実現に至らず、やむを得ず平成21年12月、裁判を起こしたのです。 宮崎地裁延岡支部は、最後の手段としてすがるような気持ちで起こした裁判の判決において、①本件基 […]


被害者の声に背を向けた臆病判決 10月17日、延岡基地局訴訟で住民らの請求棄却

 全国の基地局問題に取り組む住民たちから注目されていた宮崎県延岡市の基地局訴訟で、10月17日、宮崎地裁延岡支部は住民の操業差止請求を棄却する不当判決を出しました。電磁波問題市民研究会はこの判決に対し、後掲の通り「声明」を出しました。 「ノセボ効果」とはひどい 判決は、症状は被害者のうそとは考えらず、基地局稼働後に発生したと認めています。それでいて基地局電磁波との因果関係は認めないとしています。そ […]


○○○ハイツのみなさまへ

○○○号室・山川三郎(仮名) (電話 ○○○○―○○○○)  首都圏の分譲マンション基地局問題で住民が撒いたチラシを会報前号でご紹介いたしましたが、このマンションで、基地局設置中止が決まりました。このマンションの住民が撒いたチラシ二つを、今号もご紹介いたします。【大久保貞利】 ◇  皆様、こんにちは。暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、めっきり過ごしやすい季節になりました。皆様におかれましてはご健勝 […]


基地局設置中止のご報告と御礼 (○○○ハイツのみなさまへ)

○○○号室・山川三郎 (電話 ○○○○―○○○○)  皆様、こんにちは。当ハイツの基地局設置中止のご報告と御礼です。 理事会の皆様のご決断に感謝いたします すでにご承知だと思いますが、正面玄関掲示板に「携帯基地局設置の中止のお知らせ」が00月00日付で掲示されました。「携帯会社側から組合員の不安を払拭するだけの根拠を示していだだけず、各組合員の合意形成が困難な事から今回の基地局設置案は見送る事に決 […]


ノセボ効果と反対運動に関して

平成24年10月29日 原告団長 岡田澄太  判決理由として「電磁波を受けていると思うことが症状の出現の引き金に十分なり得るというノセボ効果」や「反対運動を通じて、電磁波の健康被害の不安を意識したことや、被告の対応に対して憤りを感じたことにより、症状に関する意識が主観的に増幅されていき、重くとらえるようになった者がいる可能性がある。」と述べている。 (ノセボ効果について) 大貫町では基地局建設以来 […]


各地の取り組み

大飯町でソフトバンク基地局計画  福井県大飯町でソフトバンクの高さ28メートル、出力30Wの基地局建設計画が出てきました。予定地から100メートル以内に赤ちゃんが10名も住んでいるというのにです。住民たちは、基地局問題をやさしく書いたパンフを配り、建設反対の取り組みを展開しています。状況は悪くありません。(大飯町は先ごろ、原発を再稼働した町です。)【大久保貞利】 札幌市でドコモ基地局  北海道札幌 […]


○○○ハイツのみなさまへ

○○○号室の山川三郎(仮名)です。(電話 ○○○○―○○○○)  首都圏の分譲マンション基地局問題で住民が撒いたチラシをご紹介いたします。【大久保貞利】 ◇ アンケート実施の前に学習会を提案します みなさん、こんにちは、○○○号室の山川です。マンション管理組合理事会は居住者に対し、突然アンケートで「基地局設置の賛否を問う」と言い出しました。 私たちマンション住民は、まだ携帯電話中継基地局(アンテナ […]


シンポジウム もう一つのヒバク 携帯電話基地局の健康被害を考える(3)

 3月に都内で開かれたシンポジウム「もう一つのヒバク 携帯電話基地局の健康被害を考える」での報告内容の一部を、本会報76、77号に続き、ご紹介いたします。シンポジウムの録画は、ウェブ上で閲覧することができます。なお、掲載した内容は、ご本人及び編集者の推敲により、当日の内容と若干異なる場合があります。【会報編集担当】 ◇ 携帯電話基地局周辺における健康被害事例報告 Dさん、Eさん(長野県) 携帯電話 […]


Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.