会報第137号を発行しました

7月31日、会報第137号を発送しました。

通常版(紙)

主な内容

  • 「電磁波問題よろず相談会」オンラインで開催
    当会と市民研共催

  • 日本臨床環境医学会学術集会開かれる

  • 石川哲先生ご逝去

  • 東京近郊通勤電車の低周波磁場を実測
    一番低いのは運転室の近く

  • 基地局と周辺住民についての研究の7割が「影響あり」
    スペインの研究者によるレビュー論文

  • 5G基地局稼働後に様々な症状 避難後に改善・消失
    スウェーデンの論文

  • 「近くに4G基地局ができてから、牛の死亡が相次ぎ、乳量も落ちている」
     フランス裁判所、基地局の2カ月操業停止と専門家による調査を命令

  • 温故知新 シリーズ「あの頃こんなことがあった」(4)
    熊本市御領地区の携帯基地局問題(上)

  • ICNIRPは内輪メンバーの研究のみに基づいて国際指針値を定めた
    5G開始に備えた2020年ガイドラインを分析した論文

  • 次世代スマートメーター、反対や懸念の意見40件

  • 月に1回電波で通信するスマートメーター
    要求書へ関西電力送配電が回答
  • 各地の取り組み
  • 定例会の話題あれこれ
PDF版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする