集会声明

基地局問題院内集会(2023年8月) 集会声明案を読み上げる石黒さん 4G、5G 携帯基地局は安全か 2023年院内集会「国民の健康と人権のために、わたしたちは、立ち上がります。」 携帯基地局のあり方や、長期的な高周波電磁波の暴露による健康問題は、もう20年以上も前から、市民団体や日本弁護士連合会等が、様々な形で誠実な取り組みを行な...

特別報告 海外の動き

基地局問題院内集会 網代太郎(電磁波問題市民研究会事務局長)  8月24日の院内集会における、当会の網代太郎会報編集長による特別報告の概要を掲載します。 各国の電波規制値とICNIRP国際指針値。リヒテンシュタイン以外は、総務省「各国の人体防護に関する基準・規制の動向調査 報告書」(2022年3月)による  なるべく新しい海外の動き...

基調講演 基地局の問題点

大久保貞利(電磁波問題市民研究会事務局長)  8月24日の院内集会における、当会の大久保貞利事務局長による基調報告の概要を掲載します。院内集会の模様は「インターネット・ウェブ・ジャーナル(IWJ)」による録画をネットで視聴できます(一部報告を除く)。 大久保事務局長  基地局は高周波と低周波、両方使うが、主に高周波を使う。高周波で...

スマートメーターを拒否したら四国電力が文書で「電気止める」

大河原雅子事務所と連携し、中古アナログメーターで落着 会員からの相談電話  6月20日(火)、愛媛県松山市に住む会員の原山さん(仮名)から電話が来ました。「私たち夫婦はスマートメーターに反対してきましたが、本日、四国電力から書留で『スマメに反対するなら6月30日に電気を止める』という文書が届きました」と切羽詰まった内容でした。当会はスマメ問題について...

臨床環境医学会での発表から

 第31回日本臨床環境医学会学術集会(2023年6月24、25両日)での発表から、電磁波に関係するものをいくつかご紹介します。 児童生徒の環境過敏に関する全国規模の実態調査を行うにあたっての予備的な調査  永吉雅人さん(新潟県立看護大学)らはこれまで、同県上越市の全小中児童生徒を対象とした調査を行い、小学1年生から中学3年生まで、学年が上がるにつれてMC...

NO IMAGE

活動内容・連絡先

設立1996年10月 環境中の電磁波による健康影響で悩む方々が支援される社会、電磁波による健康影響が予防される社会の実現を目指すNGOです。 全国の住民や団体等と協力しながら、この目的のための活動に取り組んでいます。 活動内容 ○月1回、東京で定例会を開いています。毎月第3水曜午後6時半から。会場費等500円程度 ○全国へ学習会講師を派遣しています...

低強度の高周波電磁波による健康への非熱影響を否定する主張は、非科学的/非論理的である

山口みほさん(電磁波研会員、福岡県)  電磁波過敏症、化学物質過敏症を診療・研究する医師、研究者らも参加している日本臨床環境医学会の、第31回学術集会が6月24、25両日、近畿大学(東大阪市)で開かれました。同集会での発表から、山口みほさんの発表内容を、山口さんからご了解をいただいてご紹介します(山口さんは同集会にオンライン参加)。  山口さんは、自宅の...

会報第145号を発行しました

11月26日、会報第145号を発行しました。 通常版(紙) 主な内容 携帯基地局問題の院内集会で福島瑞穂議員が要求 消費者庁と総務省、電磁波の相談件数を公表 携帯基地局問題院内集会・基調報告 基地局の問題点 携帯基地局問題院内集会・特別報告 海外の動き ブリュッセルで5G開始 電...

NO IMAGE

電磁波問題市民研究会 定例会

当会の1カ月の活動をご報告し、参加者による意見交換、情報交換を行います。 また、参加者からのご質問にお答えしたり、ご相談に対して参加者全員で対応策を検討します。 事前のお申込は不要です。当日直接会場へお越しください(資料代等500円前後)。 日時(毎月第3水曜日18時半)/場所 2024年5月15日(水)18時半/文京シビックセンター4階(シルバーセ...

Verified by MonsterInsights