各地の取り組み

新潟県で楽天基地局計画

 新潟県のAさんの実家の隣に楽天基地局が計画されました。予定地周辺にはアパートや民家が建っており、住民から反対の声が出ています。Aさんは実家と別に住んでいますが、親の健康影響が心配で当研究会に相談してきました。契約は月10万円で20年契約ということです。周辺住民に基地局の問題点がわかるチラシをまくようアドバイスしています。【大久保貞利】

新座市でソフトバンク基地局契約更新

 埼玉県新座市でマンションに建っているソフトバンク基地局が契約更新時を迎えます。そこで住民のCさんは更新時を機会に基地局の撤去に向けてなんらかの行動に出たいと当研究会に相談しています。【大久保】

吹田市の大型集合団地で楽天基地局計画

 大阪府吹田市の600戸の大型集合団地で楽天基地局が計画されています。9月下旬に臨時総会が予定されそこで決定されるので、住民のBさんが反対のチラシをまきました。この行為に対し理事長は「まだ理事会が計画自体を住民に知らしていないのに、事前にこういうチラシをまくのは管理規則違反だ」とするお知らせを配布しました。じゃあ、いつ住民に知らせるのかというと臨時総会の「1週間前」だというのです。ただでさえ臨時総会は人が集まりませんが、コロナ禍でさらに人は集まりにくい状況です。ほとんどは理事長に委任します。それを狙って直前に計画を出し、押し切ろうとしていることは明白です。ひどい対応です。【大久保】

江戸川区で楽天基地局が原因で体調不良

 東京都江戸川区のDさんの部屋の窓から10mの所に楽天基地局が建ちました。四角い形状でベージュ色のアンテナです。Dさんは電磁波過敏症のため、アンテナから出る電磁波で体中が痛みます。都営新宿線の篠崎駅の近くです。【大久保】

文京区で楽天基地局中止に

 東京都文京区のEさんからお手紙がきました。9月初めに楽天の協力下請会社が「楽天基地局を近くの電柱に建てたい」とあいさつに来たので、Eさんは即座に反対と伝えました。次に『電磁波の何が問題か』(緑風出版)を2冊取り寄せ、1冊はお向いの家に渡しました。さらに楽天の担当者に電話し「基地局は全国でトラブル化しているし、私は電磁波に弱い体質である。土地の資産価値も下がるおそれがある」と話しました。電話したその日に下請会社から「中止する」連絡がありました。Eさんはほっとしましたが「文書での回答」を求めました。4日後、楽天から「設置中止のお知らせ」が届きました。Eさんの素早い行動に敬意を表します。【大久保】

飯能市で楽天基地局建った

 埼玉県飯能市のFさんの家の近くの児童公園に楽天基地局が突然建ちました。急いで自治会長に連絡すると自治会長も知りませんでした。児童公園を管理している市に連絡すると、高さ15mで4G用の基地局だと言いました。基地局から30mの範囲の5軒程度に知らせてあるということです。Fさんには周辺住民に基地局の問題点を知らせるチラシを撒くとともに5軒程度の住民が本当に了解したか確認するようお伝えしました。【大久保】

自然派くらぶ生協5Gオンライン学習会

 自然派くらぶ生活協同組合主催のオンライン学習会「5G 便利さのウラにある危険」が8月5日開かれ、当会会報編集長の網代が講演、35名が参加しました。新型コロナ拡大のため、オンラインで実施。講師は東京都八王子市の同生協の事務所の一室から講演しました。参加者のアンケートには「つい便利さ優先でネット環境を変えていた。講座を聴いて、立ち止まり考えて行動したいと思った」などの感想が寄せられました。【網代太郎】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする