欧州最初の5G開始国スイス 5Gによる健康被害の報道

 スイスのジュネーブで5G基地局が設置されてから、住民に健康被害が出ていると、スイスのローザンヌで発行されている週刊消費者雑誌『L’Illustré』のウェブサイトに掲載された7月18日付記事「5Gでは、モルモットのように感じる」[1]が報じています。
 スイスは欧州で最も早く今年4月に5G商用サービスが開始されました。通信会社スイスコムによって5G基地局が急ピッチで整備され、今年中に人口の9割が5Gを利用できるようになると報じられています。スイスでは5Gへの反対運動が全国的に広がっています(会報前号参照)。また、ジュネーブ州などのスイスの州議会が5Gの一時停止を決議しました(会報第118号既報)が、この記事などからは、決議に5Gサービスを強制的にストップさせるまでの力はないことがうかがわれます。
 この記事の概要を紹介します。

つづきを読む

5Gによる健康被害を訴えるElidan=L’Illustréのウェブサイトより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする