「変電所」カテゴリーの記事一覧


電磁波問題とは - Ⅰ.電磁波とは

1.電場と磁場 (1)電気の力が働く空間(電気のプラスとマイナスが引き合う力、プラス同士・マイナス同士なら反発する力が働いている空間)のことを電場(電界)と言います。 (2)磁石にはN極とS極があり、同じ極同士は反発し、違う極同士は引き合います。そのような力が働いている空間を磁場(磁界)と言います。 2.電場と磁場の関係 (1)鉄の釘に導線を巻いて電流を流すと、釘は磁石になります。このことから電場 […]


東京メトロ銀座線の隅田公園下変電所計画は何が問題か

 東京メトロ(正式名・東京地下鉄株式会社)が、銀座線浅草終点駅近くの隅田公園地下に鉄道変電所を建設し、またすぐ近くに6階建ビル(配電所目的)も併せて新設する計画について、その問題点を今号も取り上げます。 なんで、災害避難場所に指定されている区立公園地下に、民営鉄道の変電所をあえて建設するのか。  隅田公園は隅田川沿いの公園で、区民の憩いの場であり、観光客が多く集まる場です。さらに台東区から災害避難 […]


隅田公園地下に東京メトロ変電所計画 区民の避難場所になんで!?

50mプール大の地下変電所と6階建機器収容無人ビルを計画  東京浅草の隅田川沿いにある隅田公園地下に、東京メトロが、長さ約46m×幅約11m×深さ約15mの50mプール大(深さは15mもあるが)の地下変電所と、そのすぐ近くに6階建の無人機器収容ビルを新設するという計画を進めています。場所は「台東区花川戸(はなかわど)1丁目」。予定工期は「平成29~31年度」としています。 隅田公園は区立公園で、区 […]


催し案内:学習会「リニア新幹線の電磁波って安全?」【中止】

日時:2016年12月16日(金)18時15分~20時半=ゲストの都合により中止します 場所:川崎市麻生市民館第1会議室(小田急新百合ヶ丘駅北口3分) ゲスト:網代太郎(電磁波問題市民研究会事務局) 主催:リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会


催し案内:東京メトロ隅田公園変電所問題学習会~電磁波による健康影響問題講習会~

日時:2016年11月11日(金)18時半~(開場18時) 会場:台東区民会館8階第4会議室(都立産業貿易センター台東館内。台東区花川戸2-6-5)。東京メトロ浅草駅徒歩5分・都営地下鉄浅草駅徒歩8分 主催:東京メトロ隅田公園変電所設置対策協議会 講師:大久保貞利(電磁波問題市民研究会事務局長) 内容:東京メトロ銀座線の終点浅草駅周辺に東京メトロが鉄道変電所建設を計画しています。場所は隅田川沿いの […]


宮城県名取変電所問題 これが問題の石巻変電所正門前の看板です

 宮城県名取市愛島(めでしま)地区に建設予定の東北電力名取変電所問題の続報です。東北電力は、名取変電所の出力90万KVAと同規模ということで、「石巻変電所」の住民見学ツアーを企画しました。石巻変電所の出力は90万KVAで名取変電所と同じ規模です。 上の図を見てください。これは石巻変電所正門前にある案内図です。 石巻変電所は新設時は「30万KVA」でしたが、その後拡張され90万KVAに出力拡大となり […]


名取変電所問題 フェアでない東北電力の石巻変電所見学

住民に正しい情報を出すべきです  宮城県名取市愛島(めでしま)地区に東北電力が建設を予定している名取変電所問題に新たな動きがありました。 住民の要望にこそ答えるべきです 東北電力は、周辺住民対象の「石巻変電所見学ツアー」を企画しました。「名取市と同規模の変電所」ということで同じ宮城県内の石巻変電所を見学させようというのです。それ自体はもっともな企画といえます。しかし、電力会社の見学ツアーというのは […]


名取市で(102名が参加)電磁波と放射線問題を学ぶ市民の集い

 7月14日(土)、宮城県名取市(仙台市のすぐ南の市)で「電磁波と放射線問題を学ぶ市民の集い」が名取文化会館で開かれました。私(大久保)が電磁波問題を1時間半、篠原弘典氏が放射線問題を30分、話しました。質疑も活発で、参加者は102名でした。名取市では巨大変電所建設問題が起こっていますが、今回の講演の成功が今後の力となるでしょう。主催は「名取変電所と健康を考える会」と「愛島の環境を考える会」。共催 […]


名取市変電所問題 東北電力の問題点とは何か

なぜ、周辺住民には知らせず計画を進めたのか 宮城県名取市で進められている「名取変電所建設計画」の大きな問題点は、「地域住民への説明は一切行われず」「戸別訪問による地権者との買収計画が進められてい(た)」(住民たちの変電所建設に関する嘆願書より)ことにあります。変電所が出来れば、何本も高圧送電線が作られますし、他の既設の変電所を見ても、変電所周辺の電磁波量は確実に増えます。電磁波による周辺住民の健康 […]


名取変電所問題 名取市愛島地区に90万ボルトの大変電所計画

地域への説明もなく始まった 宮城県名取市の愛島(めでしま)地区に東北電力が90万ボルトの大変電所建設を計画しています。「名取変電所と健康を考える会」(代表三浦信子)が変電所計画を知ったのは、今から2年前の2009年9月で、東北電力が変電所建設のために土地の測量で来たのがきっかけでした。すでにその段階で地権者には戸別訪問し土地買収計画を進めており、地権者以外の地域住民への説明はまったくありませんでし […]


すずかけ台駅変電所建設計画白紙撤回に

東急電鉄相手に一歩も引かず、闘いぬいた住民たちの完全勝利 6月2日に計画中止連絡、だが… 東京急行電鉄の代理人(弁護士)から「本件計画(変電所建設計画)を取りやめ」る文書が届いたのは6月2日でした。建設計画が中止になったのは住民たちの運動の成果であることは明らかなはずです。ところが文書の中で東急は、「(すずかけ台駅以外の場所で)電力をバッテリーに貯蔵するシステムを新設する」ので中止したとのである、 […]


1 / 212
Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.