都知事選の主要候補者に5G推進策について公開質問状--4名から回答

 東京都が自ら5G(第5世代移動通信システム)基地局整備を推進するという、都の現在の施策について、「5G電波による健康影響の懸念がある」などとして、市民科学研究室、電磁波問題市民研究会、日本消費者連盟の3団体は、都知事選(7月5日投開票)の主要候補者5名に対して公開質問状を送付しました。
 これに対して、4名から回答がありましたので、ご紹介します。

質問状の全文など詳細はこちらをご覧ください。 

質問

1.東京都が自ら5G基地局の設置を推進する「TOKYO Data Highway 基本戦略」について、あなたはどう評価しますか。

2.あなたが都知事になったときに、この施策を受け継ぎますか、または見直しますか。見直す場合には、どのように見直しますか。

回答

山本太郎候補

回答をいただけませんでした。

小池百合子候補

1 「TOKYO Data Highway 基本戦略」について、どう評価するか
 未来の東京戦略ビジョンで示しました都民の生活の質の向上を目指すスマート東京、その実現の基盤となるのが電波の道、「TOKYO Data Highway」です。5Gの環境整備を進めて、5Gと先端技術を活用する施策を広く展開し、全国の共存共栄、日本の持続的な成長に貢献をしていくためにも、重要な取組と考えております。

2 都知事になったらこの政策を受け継ぎますか、または見直しますか
 電波の道を早期に整備し、デジタルの力で東京の潜在能力を最大限に引き出すためにも、「爆速」でこの施策を進めてまいります。

宇都宮健児候補

1.      5G電磁波は、児童や電磁波に対する感受性の強い人の健康に対する影響が危惧されていることは認識しています。
東京都が自ら5G基地局の設置を推進する「Tokyo Data Highway 基本戦略」については、都民の健康に対する影響評価が適切になされておらず、また、都有施設を特定の事業者に優先的に利用させる政策である点も含めて、その安全性と公正さに疑問があります。

2.      私が都知事となったときには、小池知事のすくなくとも、一旦停止し、電磁波のもたらす健康上の懸念について専門家による会議体を立ち上げて、内外のデータを集めて検討を行ったうえで、判断すべきであると考えます。

小野泰輔候補

1.東京都が自ら5G基地局の設置を推進する「TOKYO Data Highway 基本戦略」について、あなたはどう評価しますか。
 5G戦略は、国際競争に打ち勝つためにも、ポストコロナの成長戦略のためにも欠かせない要素である。基本的に、TOKYO Data Highway 基本戦略を支持し、自由主義に裏付けられた超高速情報化社会を実現していく。

2.あなたが都知事になったときに、この施策を受け継ぎますか、または見直しますか。見直す場合には、どのように見直しますか。
 基本的に受け継ぐ。「特定業者のみに有利に使用させること」という指摘については、就任後より自由な形で展開できないか検討を加える。

立花孝志候補

1.東京都が自ら5G基地局の設置を推進する「TOKYO Data Highway 基本戦略」について、あなたはどう評価しますか。
 いやもうこれはもうガンガンやらなきゃいけないから、5Gどころか6Gに向けてとにかく積極的にやる、だね。

2.あなたが都知事になったときに、この施策を受け継ぎますか、または見直しますか。見直す場合には、どのように見直しますか。
 もちろん受け継いで更にブラッシュアップしていくということだね。こんなものは、5Gが来たら頭おかしくなるとか言ってるやつやろ? 健康被害とか頭がおかしくなるとか。お前が頭がおかしいと言っといて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする