各地の取り組み

スマートメーターを巡る東電の不誠実な対応

 首都圏東京電力管轄で起こったことです。スマートメーターへの交換は簡単なチラシが入るだけで実施されます。Bさんは、スマートメーターに関して知識がなく交換された後に、この問題に気付き東電に従来型のアナログメーターに戻すよう要求しました。しかし、対応した「東電スマートメーター推進室」の女性スタッフは「すべてのお客様にスマートメーターへの変更をお願いしています。アナログメーターは在庫がありません。健康を害したというのならともかく、要求には応じられません」と不誠実な対応でした。しかし納得できないBさんは、その後も戻すよう要求していたら、「○○日後に電話します」と答えました。しかし、その日が来ても電話はありませんでした。そこで何度も電話したら、「いま外に出ています」「会議中です」と言い訳して電話に出ません。最後には「病欠です」という始末。まったく一部上場企業としてあるまじきお粗末な企業姿勢です。Bさんは堪忍袋の緒が切れ、徹底的に取り組む決意です。当研究会もBさんを支援していきます。【大久保貞利】

自衛隊基地レーダーの影響の可能性強い

 千葉県柏市と鎌ヶ谷市にまたがる海上自衛隊下総航空基地の軍事レーダーから2キロ以内に住むPさんからの相談です。7月にパソコンを操作中に窓を開けたら、パソコン画面が「ブルースクリーン状態」になりました。窓を閉めている状態ではそういうことはありませんでした。しかもいつも異常状態になるわけではなく、8月の時は窓を開けても正常なままでした。しかし、心配で窓を開けてのパソコン操作は控えています。軍事レーダーが原因とは断言できませんが、体の健康を考えた場合、転居を今は真剣に考えている段階です。【大久保】

豊島区でKDDI基地局問題起こる

 東京都豊島区に住むQさんは、2か月位前から突然頭痛やイライラ感が起こりました。はじめは基地局との関連はわからなくて、普段は仲がいい夫婦なのに、ささいなことでちょくちょくぶつかるようになり、ある時ふと周りを見たら基地局が建っているのに気づきました。調べたらKDDIの基地局なので、KDDIに「いつ建ったのか」と訊いても答えてくれませんでした。しかし約2か月前に建ったらしく、Qさんの頭痛やイライラ感の発生と一致します。Qさんの家は3階建ての一戸建てで、基地局はすぐ近くの3階建て賃貸アパートの屋上に建っています。照射角度から見ても危険です。オーナーとQさんの関係は悪くなく、これからオーナーへの説得や、周辺住民に共に反対の声を上げていけるように取り組みを始めました。【大久保】


最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.