各地の取り組み

奈良市でドコモ基地局問題

  奈良市のマンション屋上にドコモの基地局を設置する計画が浮上しています。組合理事会は賛成の意向ですが、住民有志は反対しています。近く開かれるマンション管理組合総会の大きな課題になっています。【大久保貞利】

板橋区で基地局電磁波のため避難せざるをえない

  板橋区のマンションにauの基地局が建ったため、住民のBさんは電磁波過敏症のため、住んでいることができなくなり、少し離れたマンスリーマンション(月極賃貸マンション)に避難せざるをえなくなりました。Bさんは体調が良くないので反対の取り組みもままならず、困っています。【大久保】

世田谷区でドコモ基地局建つ

 東京都世田谷区の住宅街にドコモの基地局が計画され、住民のQさんは反対の声をあげましたが、個人的な反対のため、個別にドコモが説明に来るだけで、基地局は建ってしまいました。稼働後、Qさんは頭痛や不眠等の健康被害に悩まされています。ドコモに「基地局の電磁波の影響で体調悪化した。撤去してほしい」と訴えましたが、ドコモは「基地局との因果関係は証明されていない。基地局の電磁波は国の基準よりはるかに微弱だ。テレビ波やラジオ波や家庭の電気製品の電磁波のほうがよっぽど強い」と不誠実な態度に終始しています。【大久保】

岐阜大垣市でPHS基地局健康被害

  岐阜県大垣市のアパートから数mしか離れていない電柱にPHS基地局が建ちました。稼働してから、アパートに住むPさんに耳鳴り、動悸、めまい、全身の揺れ、皮膚のピリピリ感、関節の痛み等の健康障害が出ました。電柱の近くの家の人に説明したりして、撤去してもらうため、取り組みを開始しています。【大久保】

さいたま市でau基地局健康被害

 さいたま市に住むAさんの住むマンションにauの基地局が2013年に計画されました。管理組合理事会から建設に賛同するよう署名が回ってきて、住民のCさんは、疑問には感じていましたが署名してしまいました。一人の住民は賛同署名に反対の意志を表明しましたが、理事長から「近所づき合いは大事にしたほうがいい。基地局からの電磁波はこたつ程度だから大丈夫だ」と説得され、結局その人は折れました。稼働して1年以内の4人が死にました。Cさんは「もちろん、それが基地局と関係するのか、あるいは偶然死ぬ人がその時期に集中したのかはわかりません。しかし不安感はあります。」と語っています。そのうち、基地局の電源装置からCさんの部屋が近いため、電源装置から出る低周波電磁波の影響で、Cさん自身がめまい、不眠、視力低下、等で苦しむようになりました。「あの時、軽率に賛同しなかればよかった」と後悔しています。いまなにから取り組んでいいのかと電話で相談してきました。【大久保】

カテゴリー: 携帯基地局, 過敏症 

最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.