各地の取り組み

豊島区のKDDI基地局撤去へ

 会報97号で紹介した豊島区のKDDI基地局とWiMAXの無線基地局が稼働停止・撤去と決まりました。様々な課題があり、当初は年末に向けて解決する方向でしたが、解決が早まりました。すでに周辺住民に健康被害が出ていたので、早い解決はなによりです。地域の住民の皆さんの熱意と行動に敬意を表します。【大久保貞利】

名取で北條祥子さんの講演会・70名参加

 「名取の環境を守る会」が主催して、8月25日に宮城県名取市市民活動支援センターで、北條祥子尚絅学院大学名誉教授の講演会が開かれ、70名が参加しました。講演で北條名誉教授は、2012~15年に実施した一般市民2000人と電磁波過敏症を自己申告した157人を調査した結果、「日本人の3.0~4.6%が電磁波過敏症かもしれない」と報告されました。発症率の高さに驚きます。名取の環境を守る会の皆さん、ごくろうさまでした。【大久保】

中野区の住民が基地局反対ステッカ―作成

 会報100号で紹介した、東京都中野区中野2丁目でマンション屋上に計画されている「au無線基地局」に反対している住民組織「中野2丁目の環境を守る会」が、「NO MORE 携帯基地局」ステッカーを作成しました、=写真。創意と工夫をこらした取り組みが功を奏することを願っています。【大久保】

糸島市、台東区、船橋市で基地局問題

 福岡県糸島市でドコモとソフトバンク基地局問題が起こっています。二つとも高さ40mの基地局です。
 東京都台東区ではドコモの基地局が建ちましたが、周辺住民に知らせないまま建ったため、住民が総務省関東基盤整備局に申し出たところ、ドコモはいったん基地局を解体し、6mほどずらし再建設する動きに出ています。住民は再建設でなく、撤去を求めて取り組んでいます。
 千葉県船橋市で、突然電柱に携帯アンテナが建ったので、住民が反対の取り組みを始めました。業者は「反対の声がなかったから」と言っていますが、事前の説明はありませんでした。【大久保】

カテゴリー: 携帯基地局, 調査研究 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.