アナログメーターに交換させた最近の事例

 電力会社にアナログメーターへ交換させることができたというご報告のお手紙などの中から、最近の事例をご紹介いたします。

Uさん(滋賀県)

 「平成35年使用期限」のアナログメーターに2018年2月5日に関西電力から取り替えさせました。
 関西電力は「平成35年にはスマートメーターになるという条件」で、了承してきました。

Tさん(鹿児島県)

 私は1年1カ月前に、留守中に九電によりスマートメーターに替えられました。替えられた理由は新電力に替えたためです。私は不当なことには屈しない性質なので、すぐに九電に「アナログメーターに戻せ」と言いました。しつっこく電話しましたが、適当にはぐらかす感じでしたので、最終的には文字(ファクス)にして、激しい口調でスマメをはずすよう迫りました。その上で、また電話してようやく担当者と繋がり、取り外し工事の約束と日時を確認して、結果として元に戻させました。その間、4週間かかりました。
 スマートメーターが設置された4週間、スマメで苦しめられ、耳鳴り悪化、頭が締め付けられる感じ、首が締め付けられる感じ、ものすごく疲れる感じ、胸が圧迫される、よろめく、気分が落ちこむ、等々の症状になりました。

その他

 電磁波研には、その他、以下のご報告などもいただいております。
○四国電力で、7年後までは使えるアナログメーターに交換させた。
○北陸電力に対して昨年9月からスマートメーターを拒否し続け、ようやく中古のアナログメーターに交換。有効期限は約5年だった。(2月28日にいただいたメール)。
○中部電力に、製造年月日の新しいアナログメーターを設置してもらうことができた(3月19日にいただいたメール)。
○スマートメーターを設置され体調が悪化。関西電力の説明とは異なりスマートメーターへの交換は法律で決められていないことを知り、関電に内容証明を送付したところ、平成36年3月まで有効のアナログメーターに交換された(それより長い期限のものはないと言われた)。(2月27日『オルター通信1531号』より)

集合住宅すべてアナログメーターに
 また、東麻衣子さん(アナログメーターの存続を望む会)から、東さんのフェイスブック友だちが集合住宅の全戸をアナログメーターに交換することを約束してもらえたという事例をご報告いただきました。
 集合住宅の住まいがスマートメーターになり、電磁波過敏症の症状が悪化したため、大家および中国電力と交渉した結果、実現できたとのことです。
 さらに東さんからの情報で、東さんの知らない方ですが、スマートメーターからアナログメーターに交換させたレポートがフェイスブックに掲載されていました(昨年11月投稿)。
 このレポートによると、家族が新電力(ガス会社)と契約したためにスマートメーターに交換。2~3カ月して慢性的な頭痛に悩まされるようになりました。新電力および中部電力と粘り強く交渉し、アナログメーターに交換させたところ、ずっと頭の中に「もや」がかかっているような感じの不快感がなくなったとのことです。【網代太郎】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする