延岡現地ルポ 延岡で何が起こっているのか(上)

日本初の「基地局による被害を争う裁判」

11月に現地で調査
 宮崎県延岡市住民たちが取り組んでいる基地局裁判は、これまで口頭弁論が12回開かれ、今年2月15日に結審を迎える。初夏ごろには判決が出される予定である。国内のこれまでの基地局を巡る裁判は「基地局から出る電磁波により、将来被害が発生するおそれがある」かどうかを争うものであった。これに対し、今進められている延岡裁判は「基地局電磁波が原因で、現実に深刻な被害は発生しているから基地局の操業を止めろ(つまり撤去)」というものである。こうした中身の係争は日本の基地局を巡る裁判としては「初めて」である。日本の裁判所は「前例主義」といわれるように、前例のないものには極めて慎重である。一度違った判決を出せば、それが「前例」になるからである。したがって、こうした前例のない裁判で住民側に有利な判決が出るためには、世論の大きな後押しがどうしても必要である。私たちは延岡裁判に関心を寄せ、支援し、勝利させていかねばならない。いわば、延岡裁判は「現段階における日本の基地局闘争の天王山」といえよう。
 そこで、私(事務局長)は11月24日~25日の2日間かけて、延岡市に現地調査に行った。今号と次号の2回にわたって、その報告をする。

事の発端
 延岡市は宮崎県の北部に位置し、大分県に接した人口約13万人の市である。延岡市は旭化成の城下町として知られる。市役所や延岡城跡などの市の中心地は五ヶ瀬川と大瀬川の二つの川に挟まれた地域にある。市役所から南東方角に進んだ大瀬川沿いに問題の大貫町がある。
 事の発端は今から6年前の2006年10月、大貫5丁目にある3階建アパート屋上にKDDIの基地局が設置されたことである。住民たちは手をこまねいていたわけではない。設置計画に対して周辺住民は4103名の反対署名を集め、基地局建設に反対したが、KDDIはそれを無視し、強引に基地局を建てた。

耳のそばでキーンという音
 後に原告団長になる岡田澄太さんの妻洋子さんが初めて体調不良を感じたのは、基地局が電波を発信(2006年10月30日頃)してから約半月後の同年11月18日である。夫婦で自宅付近の大瀬川に架かる大瀬大橋北詰(きたづめ)をウォーキングしていたら、突然洋子さんが「耳のそぼでキーンという音が聞こえる。まさか基地局の電波じゃないよね」と言い出した。しかし当時まったく自覚症状がなかった夫は、妻の言っていることが理解できなかった。私も現地でその地点に立ってみた。洋子さんがキーンという音が聞こえた地点から基地局まで距離にして約150メートル。そこからアンテナがはっきり見える。大体基地局から150~250メートルが一番電磁波が強く落ちる区域である。
 それから数日経つと、今度はシーンシーンと虫の鳴くような耳鳴りがして洋子さんは眠れなくなった。だが自覚症状のない夫は「アンテナが見えるから耳鳴りがするような気になるのだ」と妻の訴えに耳を貸さなかった。そのうち洋子さんの症状はますます悪化し、11月の終わり頃には昼夜問わず耳鳴りと吐き気がして、耳の下のリンパ付近が痛み、夜中に胸が締め付けられるようになった。妻はとても家にいられないほどに感じた。
 11月18日、とうとう澄太さんにも異変が起きた。就寝中、「耳の奥で川が流れるような音」がして、顔の表面がピリピリする現象が出始めた。その時、夫は初めて妻の耳鳴りを実感として理解できた。

やがて地獄の日々に
 岡田夫妻の症状はその後悪化の一途で、年が明けた2007年1月には「こんな所に住んでいると死んでしまう」と思いつめ、夜だけは大貫5丁目の家を逃げ出し、家から約10キロ離れた夫の実家に避難する生活になった。岡田澄太さんは自宅兼事務所で税理士を開業しており、洋子さんも事務所でお手伝いをしている。そのため、昼間は仕事上、夫婦ともに家(自宅兼事務所)にいる必要がある。耳鼻科の医者に診てもらったが「検査では異常なし」と診断された。電磁波過敏症的症状は通常の検査では異常と出ない。だが、医者の診断よりなにより、夫婦は健康異常を体で感知している。その頃になると車で移動中、二人は同時に耳鳴りが強まったり弱まったりした。耳鳴りが強くなった時周囲を見渡すと近くに必ず基地局があった。
 ある日、自宅兼事務所を訪れた客が「ここにいると頭が痛くなる」と言い、その客は帰った後電話を寄越し「事務所から離れたら楽になった」と言った。この客の言葉は衝撃だった。事務所で働く事務員や客に影響出たら大変だ、と考え、2007年2月21日、ついに岡田夫妻は自宅兼事務所を別の場所に移した。金銭的には大きな負担だが、そんなことは言っていられなかった。

基地局と家の3階部分がほぼ同じ位置
 大貫5丁目にある岡田夫妻の自宅兼事務所に実際行ってみた。問題の基地局から距離にして約40メートルと至近距離にある。1階が税理事務所で、2階・3階が自宅だ。基地局アンテナは3階建アパートの屋上に建っている。岡田家の3階から外を見ると、基地局アンテナがほぼ同じ高さにある。さらに基地局アンテナのある3階建アパートに行ってみると、アンテナに付随する電源装置がアパートの1階部分の屋上に設置されている。基地局はアンテナと電源装置で構成されている。この電源装置がとても大きかった。1階の住人は引越したそうだが、おそらく電源装置から出る極低周波電磁波の影響があったのではないだろうか。
 このアンテナの低さと出力の強さが、周辺住民を直撃し健康に影響を与えたのであろう。

周辺住民に続々被害出る(健康調査結果)
 基地局電磁波による健康被害を提起したのは岡田夫妻だが、周辺の人に聞いてみると、岡田夫妻だけでなく、周辺住民に相当な規模で健康被害が出ていた。
 そこで住民たちは自主的にアンケート形式の「健康調査」を行った。これまでに3回「健康調査」は実施している。調査対象範囲は基地局から300メートル以内にした。2003年にフランス国立応用科学研究所が「基地局から300メートル以内に住む住民と、300メートル以遠に住む住民の健康状態を比較した調査」があり、それによると、基地局から300メートル以内に住む住民に各種の健康障害が出ていることが判明したからだ。延岡でもこの方式を採用した。
 第1回目の健康調査は2007年5月に実施した。調査表配布個数が143戸で、そのうち回答戸数は104戸であった。回答者のうち、「体調不良」と答えたのは42戸63名。他に「テレビ等が写らない等の現象がある」と答えたのが7戸。
 第2回目の健康調査は2008年7月に実施した。回答は149戸で、そのうち79名が耳鳴り、肩こり、不眠、等の健康障害があると答えた。
 第3回目の健康調査は2010年7月に実施した。3回目は「おおむね300メートル以内」とし、希望者には300メートルを超えた付近の人も対象とした。回答は256名で、そのうち102戸162人が「基地局ができてから体調異常や健康悪化が出た」と答えた。

市実施の「健康相談」でも結果出た
 住民たちの要望で、延岡市主催で2007年11月29日~12月1日の3日間、大貫中区公民館で延岡市健康管理課の保健師4名による「健康相談」が実施された。相談に来た住民は60名で、そのうち「一般的な健康相談」を除いた相談数は45名。内訳は、耳鳴り31名、肩こり16名、不眠14名、頭痛11名、めまい4名、目の症状4名、であった。症状を訴えた45名のうち、30名が「基地局稼動後に症状が出た」と答えた。

KDDIの測定「停波時の3万倍」検出
 これほどの被害が出たのは、前述したが、アンテナの位置が低いことと、照射量が大きいことが考えられる。
 2007年2月27日に、KDDIが実施した電波測定結果資料がある。それによると、岡田さんの自宅兼事務所の3階部分の数値は「4.42800μW/c㎡」とあり、「停波時測定値」(アンテナ照射を停めた状態)は「0.00014μW/c㎡」とある。照射時と停波時の差は実に約3万倍の開きがある。ちなみに電磁波問題市民研究会測定スタッフが全国各地で測っても「1.0μW/c㎡」を超えることはあまりない。オーストリアのザルツブルク州の規制値は「0.1μW/c㎡」であるが、それの約44倍の値ということになる。これでは健康被害が出ないほうがおかしい。
 まさにKDDIによる人体実験といえよう。【大久保貞利】

カテゴリー: 携帯基地局, 裁判 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.