ブラジルの疫学調査 基地局周辺でがん死亡多発

ベロオリゾンテ市の調査研究
 携帯電話基地局からの無線周波数(高周波)電磁波が、腫瘍を原因とする死に関係するのではないかとする研究が、ブラジルで発表された。研究チームは、国立ミナスヘライス大学のアディルサ・コンデッサ・ドーデ博士ほかの計10人で、ドーデ博士が研究責任者である。研究チームは、ミナスヘライス州のブラジル第3の都市ベロオリゾンテ市(人口237万5千人)において、1996年~2006年の10年間で、腫瘍が原因の死亡者と携帯電話基地局が集中した地域での電磁波曝露量の関係を調査した。

基地局から500m以内で多発
 研究対象は、2006年12月以降市内で建設された基地局856基であり、新設された基地局の39・6%は、市の中央南部セントロ・スル地域に集中している。1996年~2006年の間に、基地局から500m以内の場所で、腫瘍が原因で死んだ人は7191人で、死亡割合は1万人にあたり34.76人である。基地局から500m以外の場所の割合はこれよ少ない。基地局が多い市のセントロ・スル地域では、腫瘍死割合が最も多いところで、1000人あたり5.83人。一方、基地局が比較的多くないバレイロ地域においては、腫瘍死割合が最も少ないところで1000人中2.05人である。ベロオリゾンテ市で環境モニタリングをした結果、電場が最も高かった数値は12.4V/mであり、同じく最も低かった数値は0.4V/mである。また、最大電力密度は40.78μW/c㎡であり、最も低かった数値は0.04μW/c㎡である。

調査方法は
 調査方法としては、腫瘍死は市保健局の統計数字をもとに算出した。携帯電話基地局の数は、通信省(ANATEL)の統計数字から出した。市の人口データや地図は、地理統計研究所(IBGE)のデータを使った。これらのデータを基に、環境疫学手法を使って解析を行った。研究チームは高周波電磁波の環境汚染問題は、最大の環境問題の一つと捉えている。【大久保貞利】

出典:“Mortality by neoplasia and cellular telephone base stations in the Belo Horizonte municipality, Minas Gerais state, Brazil.” Science of the Total Environment 2011 Sep 1;409(19):3649-65


最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.