お知らせ:書籍「電磁波の何が問題か 増補改訂版」が出版されました

2016-10-17
 当会事務局長の大久保貞利による「電磁波の何が問題か 増補改訂版」が出版されました(緑風出版、税別2200円、259ページ)。
 初版は2010年11月に発行されましたが、初版が売り切れたのと、それから6年が経過したことで、内容を補強し、増補改訂版として出版しました。
 増補改訂版の目玉は以下です。
○リニアモーターカーの最新情報
○スマートメーターの問題点
○交通機関の優先席携帯使用ルール緩和の問題
○欧州評議会議員会議(PACE)が画期的な電磁波規制勧告を出した。その詳しい内容について
○無線LANの問題点
○延岡裁判の顛末
○IARCが高周波を「2B」(発がん性可能性あり)と2011年5月に評価した
○2016年5月に発表した携帯電話とがんの関係を示す米国大規模研究の内容
○奈良県御杖村にES避難ハウス開設
 その他です。
   

 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.