お知らせ:書籍「電磁波過敏症 [増補改訂版] 」が出版されました

大久保貞利[著]
四六判並製/252頁/1900円
ISBN978-4-8461-1816-7 C0036

電磁波過敏症とは、どんな病気で、どんな症状になり、どうすれば治るのか? 日本では、この病気は認知されていないが、患者は増えつづけている。
 本書は、世界で最も権威のある電磁波過敏症治療施設、米国のEHC – D(ダラス環境医学センター)を取材し、また何人もの過敏症患者に接した体験をもとに、電磁波過敏症について、やさしく、ていねいに解説した。
 今日のように、スマホ、無線LAN、電波塔など家庭や職場の内外を電磁波が常に飛びかう中では、誰もがかかる可能性のある過敏症を知る上で、貴重な本だ。増補改訂版では宮田幹夫北里大学名誉教授の講演など4章、5章を書き加え、全面改訂した。

詳しくは、こちらをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする