スロベニアでも5G一時停止

スロベニアの首都リュブリャナで1月25日に行われた反5G行動=Bljesak.infoより

 ヨーロッパ中部スロベニア共和国で、5Gの展開が一時停止状態となっています。
 政府機関である通信ネットワーク・サービス庁(AKOS)のタニャ・ムハ(Tanja Muha)ディレクターは1月9日、5G周波数の割り当てオークションについての通信事業者への説明の場で、事業者が5Gネットワークを設置するには3~5年を要するため、5G周波数の割り当てはまだネットワークを開始することにはならないだろうと述べました。
 会場の外には、5Gに反対する市民約50名がつめかけていました。「人にやさしい技術のための運動(Movement for Human Friendly Technology)」のグレゴル・コース(Gregor Kos)代表は「環境保護法は、十分に証明されていない技術を導入しないことを規定する注意原則を明確に定めている」と述べました。

つづきを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする