フランスで携帯基地局から87mの保育園と小学校が閉鎖

 フランスのシャトー=ティエリ市のレ・シノー(Les Chesneaux)保育園・小学校が「基地局からの電波が停止されるまで子どもの健康を守るため」5月4日から閉鎖された。
 基地局が保育園などから87mしか離れていないので、市長は基地局を設置したオレンジ社に基地局を離すよう求めていた。しかし一向にオレンジ社が改善策をとろうとしないので、閉鎖という手段に出た。議会も予防原則を支持する立場から、今回の市長の措置を支持している。
 閉鎖中、子どもたちは近くのレジャーセンターにバスで送迎され、給食も用意される。子どもたちの数は180人。
 しかしオレンジ社は保育園などが閉鎖されようと基地局からの電波発信はやめないとの強硬姿勢なので、この問題は司法で争われるだろう。

出典:“The Orange relay antenna is still emitting radiation Les Chesneaux schools are closed this morning” 2009年5月5日 L’Union

カテゴリー: 携帯基地局, 行政, 海外情報 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.