ブリュッセルで過敏症の「歴史的」国際会議(上)

 5月18日にベルギーのブリュッセルで「第5回パリアピール会議」という国際会議が、電磁波・化学物質過敏症をテーマに開かれました。その模様を報告した「電磁波過敏症の会議が「ノセボ効果」理論の正体を曝露(Electrohypersensitivity conference debunks‘nocebo effect’theory)」と題する記事をご紹介します。この記事は健康住宅がテーマのカナダのウェブ雑誌「21世紀の家」に6月25日付で掲載され、同会議を「歴史的な会議」と評価しています。かなり長いので一部を省略して、3回に分けて掲載します。【網代太郎、訳も】


こちらに全文を掲載

 

カテゴリー: 過敏症, 海外情報 

最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.