「スマートメーター」隠しの九州電力 質問状に回答

 熊本市在住のフリーライター、鶴田由紀さん宅の電気メーターがスマートメーターに交換されそうになり、鶴田さんはこれを阻止しましたが、九州電力(九電)からの交換のお知らせには、スマートメーターに交換することも、スマートメーターから電磁波が出ることも示されていませんでした。鶴田さんは、スマートメーターへの交換が明記されていないことなどに抗議するとともに、スマートメーターの電磁波の出力などを質問する書面を九電に提出しました(以上、会報前号で既報)。
 鶴田さんは書面での回答を求めましたが、九電が口頭での回答にこだわり、鶴田さんはやむを得ず、2016年11月29日に熊本東配電事業所設備建設グループ・中村信也主任から電話で回答を受けました。
 質問と回答内容は、次の通りです。
 Q1.基地局の所在地は?
 A1.通信事業者KDDIのサービスを利用している。基地局の所在地は非公表であるため、九電は把握していない。
 Q2.データ発信時刻は?
 A2.正時と正時半(毎時00分と30分)。
 Q3.空き家でも送信するのか?
 A3.する。
 Q4.通信方式は?
 A4.鶴田さんの住む地域はLTEを予定している。別の地域では電線を利用してデータを送信する方式も採用している(鶴田さんによる注:もうデータ送信を開始しているはずなのに「予定している」と言っていました)
 Q5.電波の出力は?
 Q6.電波の空中線利得は?
 A5・6.電波法で定められている空中線電力0.2W以下の適合証明のついたものを使用している。出力に関しては、無線の通信技術に関する内容なので公表できない。
 Q7.マイクロ波の実測値は?
 A7.測定はしているが、教えられない(鶴田さん注:「測定はしているようです」とか、ふざけたことを言っていました)
 Q8.人体への影響について。
 A8.携帯電話に一般的に利用されているマイクロ波と同じ。国が定める電波法の指針の基準値以下なので、健康への影響はないものと考えている。【網代太郎】

カテゴリー: スマートメーター 

最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.