スマートメーターで電気料倍増問題 東京新聞が報道

 自宅の電力量計をアナログメーターからスマートメーターへ交換された後、前年までと比べて電気料金が約2倍に跳ね上がった千葉県のH.K.さんについての記事を会報前号に掲載しました。この記事を東京新聞に情報提供したところ、H.K.さんや東京電力パワーグリッド(東電)などを取材して、9月2日付同紙で報道してくれました。
 記事によると、H.K.さん以外にもスマートメーターの交換後に電気料金が20%アップしたり倍増した事例があるとのことです。
 同紙の記事は「料金への疑問だけでなく、スマートメーターは突然の発火で火災を引き起こす危険性もある。一度立ち止まって、消費者の疑問を払拭してほしいのだが…」と結ばれています。

9月2日付東京新聞

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする