九州電力エリアでもスマートメーター火災


 九州電力は、2019年11月12日5時7分ごろ福岡県筑紫野市で屋外に設置しているスマートメーター1台が焼損する火災が発生したことを同日、発表しました。スマートメーター設置箇所付近の壁面が一部焼損しましたが、負傷者はなく、現時点では原因は不明とのことです。
 これまでスマートメーター火災が発生したのは、分かっているだけで、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力の各エリアとなりました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする