銀歯がラジオ電波を受信 テレビのバラエティ番組が取りあげる

「THE突破ファイル」より

 日本テレビのバラエティ番組「THE突破ファイル」で10月29日、幻聴に悩まされていた女性は、実は銀歯がラジオを受信していたというミニドラマを放送しました。日本テレビのウェブサイトには「THE突破ファイル」という番組について「あらゆるジャンルで実際に起きた驚きの突破劇を再取材。詳細な情報を基に物語を再構築し、再現ドラマとクイズで奇跡の突破劇をドラマチックにお届けする新感覚ドラマ&クイズバラエティー!」と説明されています。バラエティ番組なので、このミニドラマが実際の出来事にどこまで忠実に作られたのか分かりませんが、歯科治療で歯に埋めた金属を除去することで電磁波過敏症が改善したという事例は筆者(網代)も数多く聞いたことがあるので、筆者にとっては腑に落ちる内容でしたし、身のまわりの電磁波が健康影響の原因になり得ることを多くの方々に伝えたという意味で、なかなか良い放送内容だったのではないかと思います。
 なお、歯の金属の除去で電磁波過敏症が改善するかどうかは個人差が大きいと思われます。詳しい医師または歯科医に相談してください。
 番組は以下のような内容でした。


 ミニドラマの主人公は、今井夏帆さん(仮名)。職場で勤務中、だれかに自分を呼ばれる声がしたが、周囲に確認するとだれも呼んでいなかった。帰宅後、人の笑い声が聞こえた。テレビはついていないし、家の中を確認してもだれもいない。
 心療病院の山下咲姫医師(仮名)に受診。医師は仕事や家庭などでの大きなストレスが引き起こす統合失調症から来る幻聴を疑う。しかし本人に思い当たる節はない。医師は「何か必ず原因があるはずです。それが見つかるまで、なるべくストレスを与えず、リラックスした生活を送りながら様子を見ていきましょう」と告げた。
 3日後、再受診。今井さんは「声が聞こえる回数が増えている気がします。また声が聞こえるか恐くなって、あまり眠れないんです」と訴える。
 休みの日曜日、一緒にいれば幻聴が起きる場所や時間が分かるかもしれないと考えた山下医師は今井さんをドライブに誘う。ドライブ中、周囲に何もなさそうな山道で、突然声が聞こえる。車がトンネルに入ると、幻聴が消えた。そしてトンネルから出るとまた幻聴が。「今までで一番はっきり聞こえます」とおびえる今井さん。その時、医師はラジオの電波塔を発見し、「今井さんはきっと、ラジオを受信していたんです。最近、歯を治療されたんじゃないですか?」と質問。今井さんの口の中には、治療したばかりの銀歯があった。
 ドラマの場面から切り替わって、氏家歯科医院・氏家院長へのインタビュー。院長は「数が多いわけでなくて2人ほどですが、ラジオの声が聞こえるという訴えで来た方がいらっしゃいます。問題となるであろうかぶせ物を外して、それで改善するというケースもあるでしょうし、実際に改善したと他の先生から聞いたこともあります」。【網代太郎】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする