携帯電話鉄塔と電磁調理器の被害

M.Mさん(会員、介護福祉士)

 はじめまして。盛岡市在住のM.Mと申します。
 盛岡市には、いわゆる電磁波の支援団体はありませんが、滝沢村在住のKさんをリーダーとして、6名程度のサークル活動に取り組み、定期的に食事会をしながら情報交換をしています。その活動は10年近いのですが、私は6年前からの参加となり、現在に至っております。

電磁波問題の講演会など開催
 私達の活動の一環として、平成20年9月に京都から荻野晃也先生においでいただき、講演会と電磁波の測定調査をしていただきました。
 講演会は雫石町のKさん(CSの会代表)のご協力もあり50余名の参加で有意義な講演内容でした。
 翌日に私達サークル活動の仲間4名が自宅での電磁波の測定調査をしていただきましたが、測定結果としては強い電磁波は認められないとのことでした。ただ、紫波町のYさんが電磁調理器を使っていたので、それは使わないほうが良いとのアドバイスをいただきました。私達はそれまで、電磁調理器が有害だということを知りませんでした。

母が乳がん、息子が過敏症に
 Yさんはそれから半年して乳がんを発症し、入院、手術をして、いったん回復したのですが、更に他の部位に転移して再入院して、病状も悪化して最終的に某病院の緩和病棟にて息を引き取られました。
 Yさんの自宅の庭のすぐ側に携帯電話鉄塔が数年前に建てられていました。そこからの電磁波や、電磁調理器からの電磁波に体をむしばまれたのではないかと、私達は考えています。
 Yさんが乳がんになる以前からYさんの息子さんが電磁波過敏症となり(国立病院機構盛岡病院による診断書あり)、仕事も出来ず家に引きこもっている状態でしたので、生前のYさんは携帯電話鉄塔の撤去を求めておりました。
 ぜひ全国の電磁波被害者を対象に詳細な調査が行われ、携帯の鉄塔やその他の原因によって被害が起きている事実を世に訴えていただきたいというのが、被害を受けている人々の切なる想いです。
 岩手県でも電磁波問題への取り組みがあることを皆さんに知っていただきたく、投稿させていただきました。


Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.