各地の取り組み

旭川でマンション基地局建設計画廃案に

 北海道旭川市でドコモの基地局を建設する計画が進められました。これに対し住民有志が建設反対の声をあげ、取り組みました。
 住民有志は、反対理由として①基地局周辺住民に健康被害が出ているという報道がある、②マンション住民には赤ちゃんや高齢者や心臓ペースメーカー装備者などが住んでいるし、基地局が設置されれば、1日24時間、365日電磁波に被曝される。そのことにより健康被害の可能性が生まれる、③基地局からは低周波が出るし、地震による陥没のおそれがある、④将来的に資産価値が下落するおそれがある、⑤周辺の学校等への配慮も考えたほうがいい、と具体的に問題点を訴えた結果、総会で4分の1以上の反対があり(設置には4分の3以上の賛成が必要)、基地局建設計画案は廃案となりました。
 住民有志の方々は、丁寧な資料を作成し、粘り強くマンション住民への説得活動を展開しました。あきらめずに、基地局反対の声を広げていった有志の皆様の取り組みに敬意を表します。【大久保貞利】

船橋のマンションでソフトバンク基地局計画

 千葉県船橋市のマンションで、ソフトバンクの基地局計画が進められています。
計画が出たのは昨年10月でした。住民の方が基地局について問題が多いことを知り、当研究会に相談に来ました。
 1月に総会が開かれ、基地局に関し賛否両論があり、その場では「審議保留」となり、今後住民説明会の開催を含め引き続き検討することになりました。
 現在、基地局反対に向けて住民有志は取り組みの検討に入っています。【大久保】

柏市でドコモ基地局中止に

 千葉県柏市で公園内にドコモ基地局建設が計画されました。計画に気付いた住民の方が、当研究会と相談しながら取り組みを進めた結果、計画は中止になりました。【大久保】

杉並区で基地局学習会

 東京都杉並区の賃貸マンション屋上にドコモが基地局を建設する計画が進められている中で、2月2日、学習会がもたれました。学習会後、2人の区議と懇談しました。区議の方々今後も基地局問題に可能な範囲で取り組んでいく意向であると話されました。【大久保】

山梨県でソフトバンク基地局計画

嘘で固めた卑劣なやり方
 山梨県南部のある町(名前は伏せます)でソフトバンクが基地局計画を進めています。わずか5軒の地域で、1軒が「金欲しさ」から基地局契約を結びました。残りの4軒は反対しています。驚くことに、ソフトバンクは「地域5軒とも基地局建設に賛成している」というウソの内容で、町役場に説明していたことです。
 こんなやり方でも通るのですか、と当研究会に反対する住民から相談が来ましたので、「とんでもない。事実を内容証明にして、国や県や町やソフトバンク、それに報道機関に訴えるべきです」と伝えました。
 こんな前近代的なことが平然と行われているのです。白い犬を使って、ソフトバンクは事業を拡大していますが、まさに化けの皮がはがれたといえます。【大久保】

大田区でKDDI基地局計画

 東京都大田区でKDDIの基地局計画が進められています。著名人で当研究会のい古くからの会員が反対の声を上げています。
【大久保】

カテゴリー: 携帯基地局 

最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.