(ミニニュース)台湾・LINE、妊婦、子ども控えて

 台湾電磁輻射公害防治協会は9月5日、携帯電話の無料通信アプリLINE使用による電磁波被曝状況調査の結果を発表し、被曝量が使用しない場合の5万~6万倍になるとして12歳以下の子どもや妊婦は使用を控えるよう呼び掛けた。(2013/9/16琉球新報)

カテゴリー: 携帯電話, 海外情報 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.