(ミニニュース)カナダ保健省の勧告は「不十分」

 カナダ保健省が10月に出した勧告は「18才以下が携帯電話の使用を制限することを奨励」したものの、一方では「携帯電話基地局からの電磁波による健康への影響は考えられない」とも述べている。トレント大学のマグダ・ハヴァス准教授は、カナダ保健省がカナダ人の健康を本当に気にかけるならばすべきこととして、熱影響ではなく生物学的影響に基づいて曝露ガイドラインを引き下げることなど、10項目を提言した。(https://magdahavas.com/electrosmog-exposure/lighting/advice-for-health-canada-regarding-wi-fi-cell-phone-antennas-and-other-forms-of-radio-frequency-emitting-devices/

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする