電柱に5G基地局を設置 KDDIなどが実証実験

電柱を活用した携帯電話基地局イメージ図(KDDIのウェブサイトより)

 KDDIは、携帯電話事業者としてライバル関係にあるソフトバンクと楽天、そして東京電力パワーグリッドと共同で、電柱に5G基地局を設置する実証実験を始めると3月19日に発表しました。
 日本では来年(2020年)に商用サービスが開始される予定の5Gでは、現在利用されている携帯電話の電波よりも高い周波数が利用されます。周波数が高いほど電波が届く距離は短くなり、5G基地局は場合によっては100m置きに設置しなければなりません。そのため、基地局設置のコストとともに、設置場所確保が事業者側の課題になります。
 この課題の対応策の一つとして、既存インフラである電柱を活用し、かつ、複数の携帯電話事業者が共用することで、基地局のコスト低減と設置場所確保を図ろうということのようです。
 携帯電話事業者は5Gへ向けて、基地局を増やすために道路の下などに設置するマンホール型基地局や、ビルの窓ガラスに貼り付ける基地局を開発しています。電柱への基地局設置のアイデアもこうした流れの一環です。5Gの開始によって、まちじゅう基地局だらけになりそうです。【網代太郎】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする