各地の取り組み

横浜市でJRトンネル用基地局計画

 横浜市のAさんから基地局計画の相談。高圧送電線のすぐ下に基地局をつくるという計画。10m未満のポールを建てそこに基地局を付けます。用途はJRトンネル用に基地局だといいます。しかしその場所は横浜市がハザードマップで地盤が悪いので要注意と指定している所です。Aさんはとりあえず周辺住民に働きかけています。【大久保貞利】

スマートメーター交換立ち入りは「不法家宅侵入」と抵抗

 神奈川県逗子市のBさんは、東電から新電力会社の東京ガスに替えました。新電力会社で自家発電で賄っているのが東京ガスとエネオスの2社で、あとは買電で賄っているからです。しかしBさんは電力会社を変えるとスマートメーターにされると聞いていたので、そのことを東京ガスに聞くと「いえ、私はESだといえばアナログメーターのままでいられます」と答えました。そこでその旨東電に言うと、東電は「東京ガスがなんと言おうとスマートメーターに替えます」の一点張り。Bさんは話が違うのではないかと東京ガスにねじ込むと、東京ガスは「どこまでも粘り強く主張すればアナログメーターのままで大丈夫です」とこれまた自信たっぷり。結局東京ガスの言う通りアナログメーターのまま東京ガスに変更することができました。
 別の話ですが、東京ガスに乗り換えても検針は東電が行います。この騒動の過程でBさんは「スマートメーター交換で敷地に入ったら家宅不法侵入で訴えるぞ」と東電とやり合いました。その効果か、東電の下請で来た検針担当の女性は敷地に入らず、敷地外から双眼鏡を使って検針しているそうです。Bさんは、スマートメーター交換のために敷地に入るなと言ったまでで検針ならば構わないのにと苦笑しています。【大久保】

5G用で3km範囲をカバーする基地局

 大阪市のCさんの住むマンションに楽天モバイル基地局計画が持ち込まれました。4G、5G用の基地局と説明されています。説明ではさらに①5G用アンテナは半径3kmをカバーする②賃料は月5万円、年60万円、ということです。5Gは周波数が高く、直進性が強いためあまり遠くには飛ばない、と思っていましたが、3kmもカバーするほど強いアンテナがあることを知りました。要注意です。【大久保】

戸田市で楽天基地局計画中止に

 埼玉県戸田市のDさんの住むマンションに楽天基地局が計画されました。よくあるパターンで管理会社が主導しています。賃料は年80万円ですが税金等で約半分がとられるので、実質年約40万円。マンション1戸当たりに換算すると月490円です。そんな少ない収入のため健康を売り渡すのかとDさんは管理組合理事に訴えました。これが功を奏し管理組合臨時総会で計画は否決されました。【大久保】

スマートメーターで通信部外しても目視のみで検針

 東京ガスと電力契約しスマートメーターで通信部を外している東京都練馬区のEさんの例。検針はいままでどおり東電が行っています。東京ガスの契約事項では「東電が検診するが、その際メーターボックスを開けて電波を出して検針する」となっています。ところが東電が東京ガスに「メーターボックスは開けずに目視で検針します」と伝えてきました。東電自ら契約事項と違った対応をするというのです。目視ならばかえっていいのでEさんは了承しました。しかし平気で約束を破る東電なので勝手に通信部を付けられる恐れがあるので、監視はつづけていくそうです。【大久保】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする