各地の取り組み

日野市で楽天基地局「100%安全?」

 東京都日野市の住民Aさんの家から25m所にあるアパート駐車場に高さ15mの楽天基地局が建ちました。楽天の説明では「4G対応基地局」ということです。ひどいのは「基地局は100%安全です」と言い張っていることです。高周波電磁波が「2B(発がん性可能性あり)」と評価させているのを無視するのでしょうか。あるいは現場で社員にロクに社員教育もされていないのでしょうか。【大久保貞利】

高槻市で高圧送電線の地下化が計画中

 大阪府高槻市で高圧送電線が高架型から「地下埋設型」に変更する計画が進行中です。見える送電線から見えない送電線になるのは良い提案にも思えますが、地元の自治会では反対しています。なぜかというと、高架送電線はそれなりに地表と距離がありますが、埋設化は地下1.2mの所に敷設されます。極低周波磁場はコンクリートも通過します。ましてや土では遮蔽できません。埋設箇所は新興住宅地が近くにあり、活断層も発見されています。市と関電はどんどん計画を推進していますが、自治会役員から反対に関する相談がありました。【大久保】

東京で楽天基地局中止に

 都内のBさんの家から20mの所にある駐車場に楽天基地局が計画されました。住宅地でもあり、通学路でもあります。チラシ1枚で建設しようというのですが、Bさんは地権者や自治会に掛け合い反対の意思を示しました。結局、地権者が「反対する住民がいるなら解約する」となり中止になりました。【大久保】

羽咋市、神奈川県、町田市で楽天基地局計画

 ほかにも石川県羽咋市、神奈川県、東京都町田市でも楽天モバイルが基地局建設を計画中で相談が相次いでいます。【大久保】

釧路市で変電所移設計画

 北海道釧路市で北海道電力が変電所の移設計画を発表しました。移設先が住民Cさんの家から10メートルなので、Cさんは反対の意思を示しました。変電所の最大の問題は電磁波問題なのに、北海道電力の移設のチラシには「工事に伴う騒音」しか書いていません。Cさんも電磁波について詳しくなく、どういう問題があるのかから始めています。【大久保】

八尾市、愛媛県、金沢市でアナログメーターに戻させる

 大阪府八尾市(関西電力)、愛媛県(四国電力)、金沢市(北陸電力)でいったんスマートメーターにされましたが、アナログメーターに戻させました。なお一番暴力的な東京電力では、都民のDさんがスマメに反対したら、東電は「スマメとアナメに違いはありません」と答えたそうです。それならスマメにする必要もないではありませんか。ユーザーを馬鹿にしています。【大久保】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする