6Gで利用目指すテラヘルツ波がマウスの神経細胞の成長を促進

ソフトバンクによるテラヘルツ波の解説(https://robotstart.info/2021/08/10/sb-terahertz-communication.htmlより)

同上

 2030年ごろの実用化を目指しているという第6世代移動通信システム(6G)での利用を目指して、各国が技術開発を進めているテラヘルツ波をマウスのニューロン(神経細胞)に照射したところ、通常よりも1.5倍速く成長したという中国の研究結果が、ネットニュースで報じられました[1][2]。
 北京師範大学のLi Xiaoli(李小俚)教授らが、ペトリ皿(シャーレ)に置いたマウスのニューロンに0.3~3THzの広い周波数の電波を3分間照射したところ、ニューロンは通常よりも約150%速く成長しました。対照群と比べて超高速で成長したにもかかわらず、分子生物学の観点から、照射されたニューロンは健康なままであることが示されたとのことです。また、ニューロンをつなぐ軸索も3日間で2倍の長さにまで成長。ただし、永遠に成長するわけではなく、最初の照射から2日後には成長速度が著しく遅くなる傾向だったとのことです。
 この結果について研究者は、アルツハイマー病、自閉症、パーキンソン病といった脳疾患の治療法として応用できる可能性があるとしています。ただ、若いマウスの脳細胞には効果があったものの、年老いたマウスの脳細胞には効果がなかったそうです。

タンパク質の水素結合の振動周波数と一致
 李教授らによると、神経細胞の成長につながるタンパク質にはたくさんの水素結合があり、絶えず振動していて、この振動の周波数が偶然にもテラヘルツ帯とかぶり、特定のタンパク質の生成と活性を高めると考えられるのだそうです。これによりタンパク質の形状に影響を与え、ひいてはニューロンの構造や機能に影響を与える可能性があるとのことです。
 しかし、タンパク質の内部構造は個体によって大きく異なる可能性があり、さらに比較的弱いテラヘルツ波には特定のタンパク質しか反応しないといいます。李教授らは「異なる被曝強度によって引き起こされるタンパク質の変化を理解するために、さらなる調査が必要」と述べました。

テラヘルツ波は体に良いのか
 脳疾患治療に役立ちそうだというこの研究結果から「テラヘルツ波は健康に良い」と考えて良いでしょうか。
 当会(電磁波研)が毎月開いている定例会で、かつてある参加者から「電磁波が健康に悪い影響を与えうることを、ここで学んできました。一方、電磁波を照射していろいろな治療を行っているところもあります。これをどう考えたら良いのですか」という質問が出ました。これに筆者(網代)は「電磁波が人体へ良い影響を与えることができるのであれば、それは、条件が変われば電磁波が逆に悪い影響を与えることを意味しています。薬は、特定の病気や症状があるときに、決められた回数、量に従って服用するよう決められているのはなぜでしょうか。その決まりを守らないで服用すると、薬は毒になるからですよね」と回答し、質問した方は納得されたご様子でした。ある症状の治療を目的に限られた時間だけ照射される電磁波と、1年365日絶え間なく放射されてしかも複雑に変調された携帯電話基地局からの電波は、言うまでもなく条件が大きく異なります。たとえ前者が体に良くても、後者が体が良いという根拠にはなりません。
 かつて人気を博した韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」を、筆者も再放送で見てけっこうはまっていましたが、主人公チャングムが医師を目指す修行中、師匠から「薬と毒は分けることができない」ことを教わっていたシーンが印象に残っています。
 テラヘルツ波には生物学的な影響がある、つまり、毒にもなり得ることがハッキリしたということが、たいへん重要です。

そもそもテラヘルツ波とは
 「テラヘルツ波」という言葉に厳密な定義はありませんが、周波数1テラヘルツ前後の電磁波を指します。
 1テラヘルツ(THz)=1000ギガヘルツ(GHz)=100万メガヘルツ(MHz)です。
 ちなみに、5Gで使われている「ミリ波」とは、波長が1~10mmの電磁波のことで、周波数で言うと30~300GHzになります。現在5Gで使用されている28GHz帯は厳密にはこの定義に当てはまりませんが、ほぼ30GHzということで慣習的にミリ波と呼ばれています。
 テラヘルツ波は電波と光の中間にある周波数帯であり(前頁の図)、ミリ波よりも光に近いことから、ミリ波でも言われている「直進性」がさらに強まり、ミラーで反射させたり、レンズで集光させたりなどの処理が可能になります。
 テラヘルツ波は工場で製品中の不純物を見つけたり、成分分析などに利用されているそうです[3]。【網代太郎】

[1]「6Gの候補であるテラヘルツ帯の電波を脳の神経細胞に照射すると細胞が異常な成長を遂げたことが明らかに」GIGAZINE 2022年8月15日
[2]「6G通信に使われるテラヘルツ帯の電波、脳細胞の成長を促進~中国の安全性実験」iPhone Mania 2022年8月16日
[3]日本サポートシステム株式会社「テラヘルツ波とは何? 活用事例や測定方法の種類・原理を解説」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする