電磁波過敏症の英国会社社長

 ブライアン・スタイン(Brian Stein)は英国レスターシャー州で5千人の従業員を雇う冷凍食品の社長だ。会社の売り上げは5億ポンド(900億円)である。彼は電話を2~3分しか使えない。年令は55歳。4年前に、突然、携帯電話を使うと耳が痛くなり、その後、コンピュータや車の電磁波でも頭痛や痛みを感じるようになった。しかし、医者はどこも悪くないと言う。子供は3人いるが、家庭では寝るために電気は切る。【抄訳・渡海伸】

 原文:‘I have to switch the mains off to get to sleep’ 2005年1月24日 The Telegraph

カテゴリー: 過敏症, 報道, 海外情報 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.