電磁波研会報・第5号(2000.7.20発行)

少し「電磁波問題報道」出る
・欧州の報道ぶりとは月とすっぽん位の差だが
・携帯中継基地局建設は「周辺住民への同意」を最低の条件として保障すべきだ

日本でも少し動き出した電磁波の調査と規制(反コンピュータ通信:第250号より)

  • 電磁波情報鎖国
  • ようやく国も動くが・・・
  • 世界で本格調査の動き
  • WHOは十年計画調査
  • 日米欧でケータイ調査
  • 郵政省・米・韓・EUとも協議
  • 米FDAも検証へ
  • なぜ予防原則か

東京都日野市に携帯電話中継塔建設が中止に
<関係資料>
○携帯電話基地局の建設に関しての意見書を求める請願(日野市議会長あて)
○経過説明書「携帯電話中継塔の建設計画、中止へ!」

<読者からの声>

  • 歯科医院だがケータイを中止したいが・・・
  • 中継基地局規制の外国の先進例を教えて下さい
  • 今年5月から電磁波過敏症の症状が出た

<海外情報>(マイクロウェーブニュース、2000.5/6より)

  • 英国専門家チ-ム報告(スチュア-ト報告)
    「子どもは携帯電話を使うな」と明確に警告
    • 独立チ-ムが政府に勧告
    • 「私は孫にケ-タイをもたせたくない」
    • インタ-ネットで広く公示
    • 疑わしきは避ける
    • 業界は様々な反応を示す
    • MPR-IIと同じ効果期待
    • 米国はスチュアート報告を大部分が無視
  • スチュアート報告の「結論」と「勧告」
  • 強い電場は高い白血病リスクを持つ
    -カナダのオンタリオ水力発電所での調査-
    • 勤続20年以上で特に
    • 従来の疫学調査と異なる点
  • カリフォルニア州議会で提案中
    携帯電話はハンズフリ-とセットで
    • 新州法案が提出される
    • メ-カ-は法案に反対
  • 「ハンズフリ-は3倍も電磁波曝露する」との英消費者グル-プ見解に反論相次ぐ
    安全、それともかえって危険?
    • 危険?英国消費者連盟が火付け
    • ハンズフリ-は人気があるのに
    • モトロ-ラ社関係者も英国消費者連盟を疑問視
    • 英国消費者連盟の測定ではSAR値は測らず
    • ブリストル大のプリ-スは英国消費者連盟を批判
    • エリクソン社の結果はERAと正反対定
    • 大勢は英国消費者連盟に不利のようだ
  • 予防原則に基づく防護基準の是非でいまヨ-ロッパで論争が起こっている
    • イタリア・スイスが口火切った
    • フオスタ-等(WHO)は予防原則にNo
    • スイス側は当然これに反論
    • WHO・ICNIRP派の存在
    • スイスとイタリアはICNIRPより百倍厳しい
    • 低コストの対策とは
    • WHO派はスチュア-ト報告も批判
    • 「ウィ-ン決議」の意味は重要

○携帯電話の電磁波問題。規制へようやく本腰。世界の動きにおされて?。健康への影響、立証困難。リスク回避へ議論する時期(朝日新聞2000年5月15日)

○携帯電話と脳しゅよう。日米欧14ヶ国で共同調査。症例集め、影響の有無確認(毎日新聞2000年5月2日)

○特集、ワイド1。携帯電話の電磁波が人体・電子機器に与える影響(毎日新聞2000年6月6日)

○山手線内で・・・着信音2/振動に切り替え6/電源オフ2(毎日新聞2000年6月6日)

○「携帯」電磁波。日米韓・EUで協議。健康への影響。指針など再検討(毎日新聞2000年6月7日)

○電磁波問題。携帯電話が焦点。NGO、京都で国際会議(朝日新聞2000年5月23日)

○「携帯」脳腫ように影響するの?。米当局、業界とさらに調査へ(朝日新聞2000年6月10日)

○マイケル・レパショーリ博士に聞く。電磁波の影響、WHOが調査。携帯電話などの健康リスク解明(朝日新聞2000年5月31日)

○45ヶ国の強力得て実験や研究を検証<ファクトシートの主な内容>(朝日新聞2000年5月31日)

○サタデー絵コノミー8。ブルートゥース。無線で家電ネット可能に。次世代の世界基準(読売新聞2000年6月10日)

○凡語(京都新聞2000年5月23日)

○電磁波の安全性検証。米FDA。「携帯」長期使用者を調査へ(産経新聞2000年6月10日)

○鐘(日本経済新聞2000年6月7日)

○電波防護指針の安全性に関する質問書(2000年2月6日、郵政省あて。電波鉄塔を考える住民の会)

○<投稿>携帯切って良かった「ワンギリ」どうでもいいよ(日本経済新聞2000年7月12日)

○<第9回電磁波問題市民研究会講演会の案内>

カテゴリー: 未分類 

最近24時間の訪問者上位記事

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.