スマートメーターに係る公開質問状(2019.4.2CS支援センターに)

2019年4月2日

特定非営利活動法人化学物質過敏症支援センター
理事長 広田 しのぶ 殿

公開質問状

電磁波問題市民研究会
代表 野村 修身

 平素より化学物質過敏症支援等のためにご活動いただき、ありがとうございます。

 貴法人発行の会報「CS支援第107号」(2019年2月26日付)に羽根邦夫氏による「スマートメーターとは何か、その電磁波について」と題する記事(以下「本件記事」と言います。)が掲載されました。本件記事には、「(スマートメーターの)マルチホップ式通信機の920MHz帯の電磁波の強さは、家庭内やバスや電車内の携帯電話が基地局と行う交信の電磁波よりも小さいです。30分に1回の通信時間は最大で1秒間、これは電車やバスの車内で席を離れた向こうの人が持っている携帯電話の基地局と交信する際の電磁波と、同じ様な周波数、同じ様な信号形式、同じ様な通信時間で、頻度ははるかに低く、強度は40分の1以下です」(14頁)と書かれています(上記引用箇所を含め、電波の送信が「30分に1回(度)」という表現が、本件記事中に3回使われています)。
 貴法人は本件記事以前に少なくとも2回、スマートメーターについての記事を会報に掲載しました(2016年4月25日付「CS支援第90号」、及び2017年2月23日付「CS支援第95号」)。両方ともスマートメーターの電波の弱さを強調したうえで、「電磁波過敏症でも無視できます」(第90号)と断定し、「スマートメーターを危険とする説が、日常生活に刺激が欲しい方々のお好きな、茶飲み話程度であった」(第95号)と、スマートメーターによる被害を訴える方々を揶揄する内容でした。
 当会は2回目の記事が掲載された後の同年3月24日付に貴殿あてに公開質問状(以下「前回質問状」と言います。)を送付し、これらの記事中で電磁波過敏症にも影響がないと断定し、被害を訴える方々を侮辱した貴法人の姿勢を問いました。前回質問状ではまた、貴法人による2回の記事中のデータの誤りも具体的に指摘し、「無線マルチホップはバケツリレー方式でデータを受け渡しするので通信頻度も『30分ごと』ではなく、コンセントレーターにもっとも近いスマートメーターは30分間に数百回通信する場合もあり得る」と指摘しました。しかし、貴法人は私たちの指摘を無視し、本件記事で同様の説明を繰り返しました。前回質問状ではさらに、「スマートメーターによって電磁波過敏症が悪化したという訴えを複数の方々がされていることについて、貴法人はご存知ですか? ご存知の場合、それらを貴法人はどのように受け止めていますか?」と質問しました。貴殿は同月31日付「2017年3月24日付公開質問状へのお答え」の中で「スマートメーターによって電磁波過敏症が悪化したとの訴えを複数の方々がされていることについて、CS支援センターでは下記のような事情(スマートメーターにより電磁波過敏症が悪化したとの訴えが直接には寄せられていないという事情)で直接には存じ上げませんが、貴会の会報誌により承知しております。お困りのご様子も容易にお察しできますし、憂慮しております。」と回答されました。
 つきましては、以下の通り質問します。

1.無線マルチホップ方式のスマートメーターは、その大半について通信頻度は30分間に1回よりもはるかに多いものと私たちは考えております。当会による指摘にもかかわらず、再び「30分間に1回」と本件記事に書いた理由をお示しください。本件記事が誤っていることが確認された場合は、貴法人の会報誌上に訂正記事を掲載してください。
 30分に1回よりも多い理由について、以下に説明します。
 国内の電力会社が採用しているスマートメーターの正確な通信頻度は不明です。私たちの再三の要求にもかかわらず、電力会社が情報開示を拒み続けているからです。私たちは分かっている情報から以下に示す通りに推測しておりますが、私たちの推測は、大きくは外れていないだろうと考えています。
 スマートメーターが、そのメーターが設置されている住宅や事業所の消費電力量データを送信する頻度は30分に1回です。それに加えて、バケツリレー方式で近隣メーターからデータを受け取り、そのデータを別の近隣メーターへ送信します。2016年3月23日に都内で行われた講演で、中嶋好文・東京電力スマートメーターオペレーションセンター所長(当時)は、「各メーターからデータを送信するタイミングは、毎時00分、30分であるとは限らず、メーターごとにずらして設定されている」と説明しました[1]。メーターの個数が膨大であるため、一斉に送信すると受信側の処理が間に合わないからです。
 データはバケツリレーによって、コンセントレーターという携帯電話基地局のような施設に集められ、そこから光ケーブルなどで電力会社側へ送信されます。したがって、コンセントレーターからもっとも遠いスマートメーターの送信頻度は30分間に1回程度なのかもしれませんが、コンセントレーターから近いメーターほど送信頻度は増えます。このことは上述の講演で、中嶋所長も認めています。1台のコンセントレーターは、最大1,000台のメーターのデータを収容できます[2]。ですので、仮にコンセントレーターから最も近く直接データを送受信できるスマートメーターが5台ある場合、それらのメーターは1台あたり最大200台分、すなわち30分間に200回程度は送信する計算になります。
 しかも、通信はメーターからコンセントレーターへの一方通行ではありません。メーターのファームウェアの更新データや、通信エラーのときに再送信を求めるなどの指令をメーターに与えるためのデータは、コンセントレーターから目的のメーターまで、逆方向のバケツリレーで受け渡されます。
 したがって、メーターからの電波の送信頻度は、双方向を合わせた頻度になります。
 また、通信エラーによる再送信などのために、さらに頻度が増える場合も考えられます。
 米国カリフォルニア州のガス電力会社PG&Eは、無線マルチホップ式スマートメーターの送信頻度は1日9,600~190,000回以上であると報告しています[3]。

2.スマートメーターによって電磁波過敏症が悪化したとの訴えを複数の方々がされていることについて、貴法人は、それはスマートメーターからの電磁波のせいではなく、気のせいだとお考えですか。

 本状送達後30日以内に文書にてご回答ください。

[1]網代太郎『スマートメーターの何が問題か』2016年 緑風出版 92頁
[2]東京電力パワーグリッド株式会社電子通信部「920MHzを用いたスマートメーターシステムについて」2017年12月8日
[3]PACIFIC GAS AND ELECTRIC COMPANY’S RESPONSE TO ADMINISTRATIVE LAW JUDGE’S OCTOBER 18, 2011 RULING DIRECTING IT TO FILE CLARIFYING RADIO FREQUENCY INFORMATION

CS支援センターからの一部回答書

2019年4月12日

電磁波問題市民研究会
代表 野村 修身 様

2019年4月2日付公開質問状へのお答え

認定NPO法人化学物質過敏症支援センター
理事長・事務局長 広田 しのぶ

ご質問1につきまして
 本会報107号に記しましたとおり、ご質問につきましては次号誌上にてお答えいたします。
ご質問2につきまして
 気のせいとは考えません。しかしスマートメーターの電磁波のせいとも言えません。原因は不明です。貴会がスマートメーターの電磁波測定をなさったのは電磁波研会報99号掲載の、スマートメーターによる健康被害を受けた方のご自宅を測定なさった一例しか存じ上げませんが、それはこの種の電磁波測定がたいへん難しいものであることも一因であると思われます。何かを危険と訴えるには実測データを出せば一目瞭然なのですから。
 しかし、化学物質過敏症であれ電磁波過敏症であれ、一般的な毒性影響だけでは理解することはできません。たとえば先のスマートメーターを設置されてESが悪化したとの方が、シールドクロスでヴェール状の防護グッズを製作し販売するとのことが他団体の会報で紹介されておりましたが、スマートメーターや携帯電話のような電磁波は回り込んできますから、宇宙服のようにすっぽりと体を覆う物でなければ防ぐことは出来ません。しかし何らかの効果を実感されなければ販売はなさらないでしょうから、被害を受けたと感じるのも、効果がないはずのもので楽になるのも、その方にとっての真実であって気のせいではありません。過敏症を理解するのはそう簡単なことではなく、気のせい、と退けるようであればCS支援センターの相談窓口はそもそも成り立たないのです。
 最後に、ES症状に苦しんでいらっしゃる方がご自宅にスマートメーターを設置され、その後近隣の方々のご協力を得て一斉にアナログメーターに替えたものの症状はおさまらず、アナログメーターの低周波磁場がスマートメーターよりも高いのをお知りになって、スマートメーターに戻したいとまで苦しんでいらっしゃる例があることをお伝えいたします。
 厳密な測定を行ってもどうしても原因が見つけられずに、CS支援センターではご相談電話をいただくたびに非力を嘆いた後、夢想するのです。脳科学者と神経解剖学、皮膚科ほかの各科医師、もちろんCS専門医、工学や化学や環境空気質の専門家、電力会社も一堂に集めてご自宅を調査し診察いただき、この方の苦痛を減じる手立てを探せたらと。
 末筆でございますが、貴会のますますのご発展をお祈り申し上げます。

以上

解説 不可解な独自の理論 当会は再質問の予定

 当会は二つの質問をしました。そのうち「1」(通信頻度を30分に1回と書いた理由)については、CS支援センターは「本会報107号に記しましたとおり…次号誌上にてお答えいたします」として、「CS支援第109号」で回答するとのことです。107号に「109号で回答する」とは書かれていませんでしたが、109号を待ちたいと思います。
 また、「2」(スマートメーターによる健康影響は電磁波のせいではなく気のせいと考えているのか)については、「CS支援」がこれまでも「スマートメーターはEHSでも問題ない」旨を掲載し続け、今回の記事ではそう明記されていないものの「スマート通信機の電波は弱く稀にしか発放されません」などと強調しているため、同センターの見解を質したものです。これに回答書は「気のせいとは考えません。しかしスマートメーターの電磁波のせいとも言えません」と回答。「電磁波のせいとも言えません」とは「電磁波のせいかもしれないが現時点では不明」の意味なのか、それとも「電磁波のせいではあり得ない」の意味なのかハッキリしないので、再質問しようと思います。
 また、スマートメーターからの電磁波の測定が「難しいものである」としたうえで「何かを危険と訴えるには実測データを出せば一目瞭然」と同センターは言っていますが、仮に○○μw/c㎡というような実測データがわかった場合、それをもってEHSの原因になるのかどうか「一目瞭然」であると同センターは考えているのでしょうか。EHSの閾値を世界で初めて同センターが特定したのでしょうか。再質問したいと思います。
 同センターはまた、シールドクロスを用いても「スマートメーターや携帯電話のような電磁波は回り込んできますから、宇宙服のようにすっぽりと体を覆う物でなければ防ぐことは出来」ないとして、EHSの方々が「効果がないはずのもので楽になる」と言っていると決めつけています。しかし、すっぽり覆わなくてもシールドクロスのかけ方などの条件によっては電波を弱めることが可能なことは実験で示されています。ですので、EHSの方々は「効果があるもので楽になっている」と考えられます。
 同センターと羽根氏が電磁波やEHSについて独自の理論にこだわる理由は、どこにあるのでしょうか。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする