「調査研究」カテゴリーの記事一覧


新しい研究は無線技術による健康リスクを示す

バイオイニシアチブ・ワーキング・グループからの警告  電磁波の人体影響の研究や公衆衛生の政策に関する専門家らで […]


7カ国による超低周波の疫学調査 より多い曝露で脳腫瘍リスク上昇

 超低周波電磁波の職業曝露と脳腫瘍との関連を調べた7カ国共同の大規模な疫学調査の結果が6月に発表されました。発 […]


基地局周辺住民に遺伝子損傷多い インドの研究者が報告

 インドのグル・ナナック・デヴ大学の研究者らが、携帯電話基地局周辺住民と「健常者」について、遺伝子損傷の程度を […]


(ミニニュース)渡り鳥、微弱な電磁波でも方向失う

 ドイツのオルデンブルク大学の感覚神経学教授ヘンリク・モウリトセン(Henrik Mouritsen)氏は、渡 […]


フランスの携帯電話研究 月15時間通話で脳腫瘍リスク増加

 フランス・ボルドーの公共衛生研究所(ISPED)の研究者らが携帯電話使用と脳腫瘍の関係を調べた論文が5月に公 […]


平成25年度からの電磁環境研究基本計画書(案)への意見(2013.1 総務省に提出)

平成25年度より実施する生体電磁環境研究の基本計画書(案)に関する意見 電磁波問題市民研究会代表 野村修身 1 […]


(ミニニュース)ケータイをブラジャーに入れて乳がん?

 乳腺外科専門医として41年のキャリアを持つ米国のジョン・ウエスト医師らによる査読付き論文が学術誌に掲載された […]


東京スカイツリー周辺における電磁波測定調査

網代太郎(新東京タワー(東京スカイツリー)を考える会・共同代表)  テレビの地上波デジタル放送電波を、関東地方 […]


「電磁波と健康」テーマにポスター発表  早稲田大学シンポジウムで研究者ら

 2月28日に早稲田大学所沢キャンパス(埼玉県)で開かれた「早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2013」で […]


3 / 71234567
Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.