各地の取り組み

目黒区でKDDIが老人施設に基地局計画

 東京都目黒区の老人施設屋上にKDDI(au)が基地局建設を計画しています。最近の傾向として、分譲マンションでは基地局がつくりにくいので、3階建て低層賃貸マンションや老人介護サービス施設が狙われています。目黒区ではドコモがベネッセコーポレーションと結託し、老人施設に基地局をつくる計画があり、住民の反対で撤回させました(八雲地区)。
 ドコモはその後、目黒区内ではあきらめたという情報がありますが、今度はKDDIが出てきました。「弱いところを攻める」は戦争も携帯会社も同じなのでしょうか。【大久保貞利】

福井市でKDDI基地局計画

 福井市でKDDIが基地局を計画していて、近隣住民から相談がきました。福井市では、北四ツ居地区と運動公園地区で基地局反対運動が過去にありました。拙著『誰でもわかる電磁波問題』に詳しい経過が載っています。相談者にも、それを参考に取り組んでほしいとアドバイスしました。【大久保】

関電相手にアナログメーターに交換させる

 スマートメーターに関しては、関西電力が一番強行姿勢であるのですが、兵庫県で、スマートメーター交換を拒否したところ、案の定「それはできない。国の方針でもある」と常套文句できました。その人はアレルギー体質で「スマメになったら家にいられない」と言うと、「あなたが拒否しても周りがみんなスマメになったら意味がないではないか」とからんできました。そこで「家にいられなくなったら、代替の家を提供してくれるのか。それができないならつけるな」と強く言ったら、「たまたま平成33年まで使える在庫があった」とアナログメーターに交換しました。【大久保】

東京電力のうそ「6月以降替えた例ない」

 最近東京電力は「6月以降、全社的にアナログメーターには交換しないという内部通達が出た」ことを理由に、最低でも「通信部はずし」で応じるよう下部に流しています。千葉県と埼玉県での実例ですが、「6月以降、アナログメーターに替えた例はない」と言い切る東電支社・営業所が出てきました。これはまったくのうそです。町田市では、交換のチラシが来たので「反対します」と言ったら、「承知しました。いやならスマメに替えません」と引き下がりました。川崎市では、一度スマメになりましたが、強硬に反対したら、新品のアナログメーターに交換しました。
 相手によって態度を変えるなんて、一部上場企業のやることではありません。電力会社はブラック企業です。【大久保】

板橋区でドコモ基地局計画

 東京都板橋区の7階建マンションの屋上にドコモの基地局計画が進んでいます。すぐ近くの人が反対の声を上げ始めました。【大久保】


Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.