京都・Xバンドレーダー設置の街で強い電磁波を計測

 Xバンドレーダーが配備されている米軍経ケ岬通信所周辺の京都府京丹後市丹後町宇川地区で、強い電磁波が計測されたことを、大野光明さん(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科研究員、立命館大学生存学研究センター客員研究員)が確認しました。同通信所へ電気を供給するための33000Vの高圧送電線の影響とみられます。ここでは、京都新聞ウェブサイト(2月27日付)の記事をご紹介します。米軍基地建設を憂う宇川有志の会と大野さんによるニューズリリース(2月24日付)もご覧ください。

カテゴリー: レーダー 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.