各地の取り組み

東松山市の楽天基地局中止に

 埼玉県東松山市で楽天モバイルが5Gも対象とした基地局を3月中に設置する計画を進めています。これに対し住民のAさんは反対の取り組みをしてきました。地権者はAさんの意向を踏まえ、Aさんの家から離す場所に基地局を移すよう楽天に申し入れました。その場所はAさんだけでなく周辺の住宅地からも離れます。そんなに極端に遠くに移動するわけではありません。しかし今度は楽天がその移転案に難色を示し、結果的に基地局計画自体が中止になりました。Aさんの粘り強い働きかけに敬意を表します。【大久保貞利】

WiFiでESになった

 山形県大江町に住むBさんは、家で夫が使うWiFiの電磁波が原因でES(電磁波過敏症)になりました。WiFiで体調不良になり、夫に自重するよう話しましたが、夫は電磁波過敏症に理解がなく、「気のせいだ」「だれでもWiFiは使っている」と無視され続けられました。同じような相談がたびたび来ます。横浜市のCさんはWiFiだけでなく、ケータイでも指がぴりぴりするようになりました。【大久保】

福岡市でソフトバンク基地局撤去に

 福岡市のDさんからの相談です。Dさんの知り合いの人は自分の敷地にソフトバンクの基地があります。Dさんから電磁波の問題を知り、その知り合いの人は撤去するにはどうしたらいいか当会に意見を聴きたい、ということになりました。
 基地局に関しては地権者の意見が一番強いこと、基地局設置の際基地局の電磁波のリスクについて十分な説明がなかったこと、を理由に契約解除を申し入れてください。携帯会社は「途中契約は違約金支払いが必要」と必ず言ってきますが、違約金を支払う必要はありません。事情を知らない弁護士が「違約金を支払う必要がある」とわかったようなことを言うケースがありますが、そんなことはありません。断固とした決意で解約してください。-私のアドバイスに後押しされて、その方は契約を携帯会社に申し出たら、基地局は無事撤去になりました。【大久保】

千葉市が楽天と提携し学校に基地局計画

 千葉市の市議の方から相談がありました。県庁所在地千葉市は、楽天モバイルと提携し「学校に楽天基地局をつくる代わりに、10Gbpsの回線を学校に楽天が無償提供する、というバーター契約をしました。Gはギガ(10億)の意味で、bpsはデータ通信の速度を表す単位です。私からは「公共施設とくに学校に営利企業の基地局を提供するのはおかしい。一度提供すれば他社の基地局設置を断れなくなる」「過去に横浜市でPHS基地局をつくる計画があったがつぶれた」「都立高校にも基地局をつくる計画があったがこれも潰れた」「児童生徒の健康に悪影響を与える可能性がある」等説明しました。その後その市議から連絡はありません。【大久保】

甲賀市のMUレーダーで体調悪い

 滋賀県甲賀市信楽町に「MU(ミュー)レーダー」があります。近くに住むEさんから「この気象レーダーが稼働すると頭痛等の体調不良になる」と相談がきました。調べてみると、MUレーダーは「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」の大気観測用大型レーダーです。直径103mの大型でその敷地内に475本の八木型レーダーが林立する異様な景観です。レーダー基地局が健康に悪影響を与えることはすでにいろんな論文で指摘されています。【大久保】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする