スマートメーター火災 大手メディアが初報道 炎を上げて燃えたスマートメーターも

 電磁波研会報でたびたび取り上げてきた、スマートメーター火災が相次いで発生している問題について、11月18日付『東京新聞』朝刊が1面トップ記事で取り上げました。大手メディアが報道するのは初めてです。このスクープ記事を、朝日、毎日、日経、産経、共同、NHKなどが後追い報道しました。

11月18日付東京新聞

 東京新聞は11月21日朝刊の「こちら特報部」で見開きで続報を詳しく掲載。さらに、同日の社会面で、中部電力管内でもスマートメーター火災が発生していたことを報じました。
 当会による情報提供に同紙の記者が関心を持ち、取材して記事にしました。実は東京新聞より先に他の大手メディアへも筆者(網代)から情報提供していましたが、なぜか反応がありませんでした。

11月21日付東京新聞

住民に危険を伝えず

 これらの記事によって分かった主な新事実は、次の通りです。

  • 消費者庁などが運営するインターネットの事故情報データバンクシステムに掲載された情報から、スマートメーター火災12件を当会が把握していましたが、記事によると都内16件、埼玉県鴻巣市で1件、中部電力管内で1件起きています。
  • これらのメーターはすべて東光東芝メーターシステムズ製で形式は「S43WS-TA」。2015年4~11月に製造したメーターのコンデンサー部品の不良が原因。
  • 同じ不良が原因で、火災以外にも、異音を発するスマートメーターが200台あった。
  • 東京電力パワーグリッド(東電PG)はこのメーターが不良品だと認め、来年3月までに設置済みのすべてを交換することとし、これまで4割(9600台)を交換した。
  • 残りの6割(14400台)にも火災の可能性があるのに、東電PGはその家の住民らにそのことを伝えていない。
  • 当会が把握していた火災は内部の基盤などが焼けただけだったが、8月22日に発生した鴻巣市の火災は炎が出たので住人がバケツで水をかけて消し止めた。メーターの下半分が燃えて溶け、メーターが付いていた木の板も黒く焦げていた(ただし電気器具に水をかけるのは感電の恐れがあって危険なので粉末消火器を使うべきであり、東電がスマートメーターの不良について広報していれば注意を促しておくこともできたはず、と記事は指摘しています)。
  • 中部電力管内の該当メーターは1600台で、年内に交換工事を終える予定。

 これまで火災を公表せず、危険なメーターが付いている家の住民にも伝えなかったことについて、東電PGの担当者は「スマートメーターのケースは燃えにくい素材を使用しているため、引火したり建物火災に至ることはない。通知をしていなくても大事に至らない」と釈明。これに対して、企業コンプライアンスに詳しい八田進二・青山学院大学名誉教授(職業倫理)は「大したことないと不具合の情報を開示しないのは、作り手側の発想で、利用者の目線に立っていない。企業として危機意識が薄く、鈍感だ」とのコメントを東京新聞に寄せています。【網代太郎】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする