会報第127号の主な記事

2020.11.29発行

「次世代スマートメーター」の検討を開始 拒否する権利も論点に

資源エネルギー庁「次世代スマートメーターに係る検討について」(2020年9月8日)より

 経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)は「次世代スマートメーター制度検討会」を発足させました。現在、私たちに事実上強制されているスマートメーターは、2014年から本格導入が開始されていました。計量法に基づく10年に1度のメーター交換が始まる2024年度以降は、現在のスマートメーターとは異なる「次世代スマートメーター」へ交換できるようにするために、その仕様などを検討していこうというものです。検討会は1~2カ月に1回開催するほか、検討会の下に設けたワーキンググループ(WG)でも検討し、今年度中に次世代スマートメーターの仕様の基本的な方向をとりまとめるとしています。
 業界などには、既に次世代スマートメーターを検討する動きがありました。つづきを読む

ホンダが自動運転車(レベル3)発売を発表 レーダーなどの安全性に重大な懸念

図1 発売される「レジェンド」の自動運行装置(国交省「世界初! 自動運転車(レベル3)の型式指定を行いました」より)

  本田技研工業(ホンダ)と国土交通省は11月11日、自動運転車(レベル3)の型式認定[1]を世界で初めて行ったと発表しました。この自動運転車「LEGEND(レジェンド)」は、本年度内(遅くても来年3月)の発売を予定しているとのことです。
 自動運転は機能によって五つのレベルがあり、完全な自動運転が「レベル5」です。「レベル3」は、特定の条件下のみ自動運転が可能です(表1)。発売されるレベル3のレジェンドは、強い雨などの悪天候でない時、中央分離帯のある高速道路を走行中に、渋滞か、渋滞に近い状態になり、車線を変えず、時速約50km以下で前の車に追従するなどの条件でのみ、自動運転が可能になるそうです。自動運転中は、つづきを読む

デジタル庁構想の狙いは何か 超監視社会に抗するには

宮崎俊郎さん

 菅内閣の目玉施策である「デジタル庁」。ハンコ廃止とか、コロナ給付金を早期給付できるといったイメージを持っている方も多いと思います。しかし、実はそのような単純な話ではなく、他省庁より権限が強いデジタル庁を創設することで、この国のあり方を根本から変えようとしているのです。私たちの個人情報の一括管理・利用や、行政手続などのデジタル化強制のおそれなど、電磁波問題やその隣接分野として当会報でも取りあげてきたスーパーシティ、スマートメーター、GIGAスクール構想とも軌を一にしている動きです。
 11月6日に行われた院内集会「デジタル庁構想の狙いは何か」(共謀罪NO!実行委員会/「秘密保護法」廃止へ!実行委員会主催)で宮崎俊郎さん(共通番号いらないネット)が講演し、デジタル庁の問題点を分かりやすく解説しています。講演とそのレジメとを要約したものを宮崎さんのご了解をいただいてご紹介いたします。つづきを読む

  • 「次世代スマートメーター」の検討を開始 拒否する権利も論点に
  • 東電以外はアナログメーターに交換 東京新聞が報道
  • 5Gは暮らしに必要!? 「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』」を見て考えた
  • GIGAスクールで進むWi-Fi整備 「使用時以外オフ」への取組
  • 銀歯がラジオ電波を受信 テレビのバラエティ番組が取りあげる
  • 各地の取り組み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする