電磁波研会報・第6号(2000.9.20発行)

環境庁・郵政省と交渉
8月7日、電磁波曝露防護基準改善を求めた要望書と追加質問に沿って行う。

電磁波曝露防護基準改善を求めた要望書と追加質問書

環境庁交渉の概要(上記の要望書と追加質問書に沿って応答)
2000年8月7日(月)午後2時~3時
場所:霞ヶ関合同庁舎5号館共用第三会議室
応対者:鷲見学・環境安全課内分泌かく乱化学物質対策係長

郵政省交渉の概要(上記の要望書と追加質問書に沿って応答)
2000年8月7日(月)午後3時30分~4時30分
場所:郵政省応接室
応対者:上川輝芳・電波環境課生体電磁環境係長、小川裕之係員

「携帯電話中継基地局は住民と十分話し合え」とした国会議事録
国会講事録(抜粋)(平成9年4月22日 参議院逓信委員会)

交渉を終えての感想
-環境庁・郵政省と交渉の参加者より-

航空機乗務員は放射線被曝作業者より3~4倍の被曝という現実(上)
<連載:航空機乗務員の放射線被曝の問題>(講演会要旨)
講演会テーマ:放射線被曝とその影響-航空機乗務員の場合-
日時:2000年9月8日(金)
場所:国際文化会館(東京都六本木)
○講演内容と講演者
・日本の航空機乗務員の宇宙線被曝について(野口邦和・日本大学歯学部)
・宇宙線の累積による危険性(ピエール・バルベイ・仏カーン大学)
・航空機で被曝する宇宙放射線について(藤高和信・国際宇宙線医学研究センター)
・宇宙放射線の人体影響(島田義也・放射線医学総合研究所)
・フリーラジカルの有害な影響/予防のメカニズム/アキタノールの効果(ラシッド・プハミディ・元仏カーン大学研究員)

  • 航空機乗務員が被曝する宇宙線とはなにか
  • どのくらい放射線をあびるか
     図:職業別年間被曝線量
  • ICRPもようやく90年に勧告を出した
  • 高度や緯度により被曝量は変わる
     図:成田空港到着便の片道線量の比較
     図:飛行方向によって宇宙線被ばく線量が異なる
     図:飛行ルートによって被ばく線量率が異なる
  • 飛行時間でも被曝量は変わってくる
  • ザルツブルグ規制値に企業見解分かれる
    図:宇宙線は高度によって組成が異なる(提出者:藤高和信)
    (まとめ)

  1. 超音速機「コンコルド」は高度18kmという非常に高いところを飛ぶので、中性子をあびる確率は高く、他の飛行機より危険といえる
  2. 地磁気のために、放射線は極地付近では強く赤道付近では弱いので、極回りの路線の被曝量は高い
  3. 日本からヨーロッパに行く路線では、ジェット気流の影響で、往路のほうが飛行時間が長くなるので、それだけ被曝量は大きくなる
  4. 海外旅行の添乗員も、航空機乗務員と同じような注意が必要

<読者からの声>

  • 電源開発が送電線は安全という資料をもってきたがどうなのか
  • 電磁波で身体に変調が生じた、どうしたらいいか

<海外情報>(マイクロウェーブニュース、2000.7/8より)

  • 低周波電磁波が遺伝毒性をもつのではとする証拠がさらに出る
    -今年のBEMS(生物電磁学学会)会議で-
    • ミュンヘンで6月開催
    • 電車運転士に染色体異常
    • 高圧線や変電所の近くでも染色体異常
  • 電磁波の植物への影響・光合成組織を減退させるなど
    -BEMS(生物電磁学学会)での報告-
    • ドイツの研究
  • マグネット(磁石)療法は大いに疑問
    -BEMS(生物電磁学学会)での報告-
    • 磁石で病気は治るか?
    • 別の見方も発表
    • アデア博士(エール大学)はリポフ博士(オークランド大学。磁石療法を批判)を支持
  • 都市部での電磁スモッグは10倍も増大している
    -BEMS(生物電磁学学会)での報告-
  • ザルツブルグの0.1マイクロW/cm2規制(携帯基地局)が押収で関心を呼ぶ
    -スイス・イタリアよりはるかに厳しい規制(日本の1万倍)-
    • 全欧州で驚かれる
    • 「全欧州の基準に」との声も出る
    • 97年からザルツブルグは動いてきた
    • 連邦政府は保守的見解のまま
    • ドイツのNGOらはWHOを批判
    • ザルツブルグ規制値に企業見解分かれる
  • 「放送タワーで働くことは危険」とする医学レポート
    -FMラジオやUHFテレビなどの放送タワーで作業し病気に-
    • グラスゴーで3ヶ月に4人全員病気
    • 電磁波による共振の恐さ
  • 英国スチュワート報告(子供は携帯電話を使うべきでない・等)のその後
    • アメリカ通信業界もSAR値を公開へ
    • 「報告の説明書」が発表された
    • 教育大臣が全学校に内容を知らせる
    • 携帯電話健康調査を9月に開始
    • 米国ロス・アディ教授(カリフォルニア大学)が報告に注目
    • スエーデン放射線防護研究所は報告を支持
    • イギリス放射線防護委員会もレポートを発表
    • それでも昨年の同期に比べて85%増加
  • 無線ノート(あれこれ情報)
    1. 携帯電話は内耳に悪い
    2. ハンズフリーを英国消費者連盟が試験
    3. アメリカ連邦通信委員会がガイドブック(RF Safety Program)を出す
  • 物理学者も「60ヘルツの磁場は10ミリガウスでも人体に影響ある」と言い出す
    • 生物学と物理学のミゾが少し埋まる
    • 物理学者にとっては大転換

○電磁波記事「載せたらつぶすと言われた」。文部省の「圧力」抗議の廃刊。同省監修誌編集長、経過を曝露。「無責任な記事掲載批判を招くと言った」(文部省)。文部省何だか変 企画からチェック厳しい(東京新聞2000年7月26日)

○「携帯電話で脳腫瘍」の衝撃。米の著名医師が872億円訴訟。WHOが調査に乗り出した矢先。マウス100匹のうち43匹に異常の実験データも(東京スポーツ2000年8月6日)

○IT革命で失われるもの。危機感ないブームに懸念<黒崎政男・東京女子大学教授(哲学)>(朝日新聞2000年8月8日)

○携帯使えず、車もはしれません。恐いパニック、まず事前確認。警視庁が震災心がまえ。低いドライバーの意識に警鐘(東京新聞2000年8月26日)

○デジタル地上波タワーの5案(日本経済新聞2000年7月24日)

○携帯普及「公共事業で」。堺屋長官。過疎地の鉄塔など(朝日新聞2000年8月18日)

○<第9回電磁波問題市民研究会講演会の案内>

カテゴリー: 未分類 

Copyright(c)電磁波問題市民研究会 All Rights Reserved.